スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人気ブログランキングへ
↑日本の事をちゃんと見るために、クリックをお願いします

子供に読ませるものじゃない。はだしのゲン

-------------------------------
 昨年12月に亡くなった漫画家中沢啓治さんの代表作「はだしのゲン」の企画展が開かれている福山市丸之内の市人権平和資料館に6日、市内の小学校や保育所など4団体計約130人が訪れ、平和学習をした。

 被爆直後に真っ赤な炎が空を染める惨状などを描いた原画の複製とポスター計24点を展示している。同館職員の中山孝範さん(63)が描かれた状況を説明し「平和を語り継いでほしい」と話した。

 「漫画なら平和を学ぶとっかかりをつくれる」と、深津小の関知恵子教諭(47)は4年生の希望者32人を引率。矢野弘圭君(9)は「原作を読んでみたくなった」と話した。
-------------------------------
「ゲン」見て児童ら平和学習(中国新聞オンライン:2013/8/7)


平和を?学ぶ?

広島生まれ、広島育ち。通っていた小学校の図書館で、漫画は一冊もない中「はだしのゲン」だけは特別に置かれていた。
リアルな描画・雰囲気に引き込まれる。この漫画は何度も読んだ。戦争のおぞましさ、原爆の悲惨さを知った大きな要素の一つだった。大人になっても全巻読み返したこともある。
が、今言える事は、この漫画は子供に読ませてはいけない。

原爆投下前から始まり、原爆で家族も家も失い、悲惨な状況下、風評にも耐え生きていく姿・姿勢、それは学ぶべき点もある。とても共感できる。
しかし、もうひとつの側面があり、このメッセージ性が大変危険なものだ。逆にこちらを書きたいがために、前者記載の生き抜く姿と融合させたのではないかと言えるほど。

今漫画を読み直してこれを書いているのではないが、もうひとつのメッセージそれは、強烈な反日
・当時、日本人はみな日本政府の右翼教育に洗脳されていた
・ゲンの家(お隣の朴さん)は正しい眼を持っていた
・中国などで日本は虐殺の限りを尽くしていた
・朝鮮人への強制労働はすさまじいものだった
・戦争、原爆の責任は最高の殺人者昭和天皇だ

その他、完全な反日左翼の思想そのものが、随所に盛り込まれている。物語の進行と共に、おぞましい恐怖感と合わせて頭の中に焼き付いていく。
大人になって全巻を読み返した時(まだ自虐史観にどっぷり浸かっていたころ)、アメリカの原爆投下、天皇や日本軍、日本政府などに対して思っていることと、この漫画の言っていることがあまりに重なり、そうだそうだと思い返したこともある。逆に言えば、それだけこの漫画から得た情報はそのまま自分の中に溶け込んでいたといえる。

はだしのゲン→平和教育?
やはり、どうかしている。反戦に関して平和教育として役立つ点があるのも事実。しかし、戦争責任は天皇、朝鮮人の強制労働あり。日本軍=悪で非道を繰り返していた。国歌斉唱反対。などといった反日の思想教育もセットなのだという事の理解は必要だ。日本は残虐の限りを尽くしたと、あることないこと全部やったと決めつけ、展開していく。ここについては公では確実にスルーされるところ。

大人でも事前知識なく読めば自虐史感に引きこまれる。
自分も小学生からこの漫画を読み、根底にい多大な影響を受けていた事を思うと、やりきれない気持ちでいっぱいだ。私は自虐史観を脱する事ができた35歳まで完全に反日本の日本人だったといえる。

子供のころに読むからこそ、より意識の根底に焼きつく。焼きつき拭い去れないのです。

自分の中で最もおぞましいと思える漫画は「はだしのゲン」だ。


人気ブログランキングへ
↑日本の事をちゃんと見るために、クリックをお願いします

スポンサーサイト

広島市長平和宣言考

今日、第68回目の原爆の日を迎え、広島平和記念式典の会場に足を運んだ。8時15分、黙とうをし、広島市長の平和宣言があった。

宣言の中で耳についた単語は絶対悪。核兵器は非人道兵器の極みであり「絶対悪」である、と。のちに(式典会場で配布される)冊子に記載されている平和宣言で確認すると絶対悪という単語は3回使われていた。

また、宣言の中で次の内容を耳にした時、ちょっと待て、何・・?と思い、冊子の中の平和宣言に目をやる。以下抜粋。
-----------------------------------
今、核兵器の非人道性を踏まえ、その廃絶を訴える国が着実に増加してきています。また、米国のオバマ大統領は核兵器の追加削減交渉をロシアに呼び掛け、核軍縮の決意を表明しました。そうした中、日本政府が進めているインドとの原子力協定交渉は、良好な経済関係の構築に役立つとしても、核兵器を廃絶する上では障害となりかねません。
-----------------------------------

なんだ、これ??

(1)
文の展開、内容からして、
・核兵器廃絶を訴える国が増えてきている→○
・アメリカはロシアに呼びかけ、核軍縮の決意を表明→○
・日本政府の交渉は、核廃絶の障害となりかねない→×
核兵器廃絶について、他国は○アメリカは○日本は×。と言いたい?

(2)
廃絶を訴える国が増えてきている。米国のオバマ大統領は核兵器の追加削減交渉をロシアに呼び掛け、核軍縮の決意を表明しました。
で?「絶対悪」と強調している核兵器を、ここ広島と長崎に投下した国、それはアメリカ。投下に関して今なお謝罪はされていない。そんな核兵器大国アメリカが、核軍縮の決意を表明しただけのことではないか。もちろんしないよりましだが、だからなんだというのか?

(3)
そうした中、日本政府が進めているインドとの原子力協定交渉は、良好な経済関係の構築に役立つとしても、核兵器を廃絶する上では障害となりかねません。
原子力協定交渉、これは核兵器ですか?違いますね。東日本大震災以降、原爆と原発を一緒くたにするのはとにかくやめてくれ。その上「絶対悪」という強い言葉を使い、原爆と原発をごちゃ混ぜにした上で「絶対悪です」と議論にふたをする。

ひどいな。
これが全世界に流れるのだから。


なんか、原爆で亡くなった方々は自然の猛威にさらされたかのような感じです。その原因は何か?核兵器が世の中にあったから。

違いますよ。

完全に抜け落ちている。
核兵器があったから。じゃない。核兵器を使ったから。です。
そんな絶対悪の原爆を、アメリカは軍施設でもない都市のど真ん中に投下したのです。これは戦争の戦闘行為ではなく、無差別大量虐殺といいます。さらに投下したのは原爆だけでなく測定器も。

広島生まれの広島育ち、広島の平和教育を受けて育った。祖父は原爆で亡くなっているにもかかわらず、それは仕方がないものだと思ってた。このアメリカめ!なんて思いもしない。悪いのはアメリカではなく、原爆であり、日本なのだ。本気でそう思っていたのだから。当時。
まさに自虐史観であり、戦後レジーム。

これを脱した今は、あらゆる情報の中のおかしなところはすぐに気づくようになってきている。
いや、そんな大それたことではなく、普通に物事を見れるようになっただけ、ともいえる。

正式名称は「広島市原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式」、ここ数年は式典に行っているが、政治的発信の場的に感じることもあり、気持ちが死没者慰霊に向かっているようにあまり感じない。
なので、その後広島護国神社に参拝しました。


人気ブログランキングへ
↑日本の事をちゃんと見るために、クリックをお願いします

こんな低レベルな事を繰り返す国の未来は?

------------------------------
 東アジア杯男子の日韓戦で韓国の応援団が掲げた横断幕。「歴史を忘却した民族に未来はない」と書かれている=28日、蚕室五輪スタジアム(共同)
東アジア杯男子の日韓戦で韓国の応援団が掲げた横断幕
------------------------------
歴史で日本非難の横断幕 サッカー戦の韓国応援団(共同通信:2013/7/28))

ほんとこの国は。。

内容からして日本はもちろんのこと、サッカー、スポーツに対しても侮辱している。もういろんな意味で歯止めがかけられなくなってきているのではないだろうか、この国は。

しかし、横断幕に書かれている内容はその通りだ。わかっているではないか、わかってないけど。
この件に限らず、やってる事ごとがほんと子供。

google検索:韓国 なぜ反日


人気ブログランキングへ
↑日本の事をちゃんと見るために、クリックをお願いします

参院選・安倍自民党圧勝

平成25年7月21日の参院選にて安倍自民党が圧勝しました。これにより衆参のねじれも解消され、安定した政権運営ができる状態が整いました。

それでも、変わらずマスコミはネガティブキャンペーンを続けることでしょう

新聞、テレビしか見ない人はそれを信じるかもしれないが、今はインターネットがある。インターネットではテレビなどと同様に情報を得るだけでなく、そこから簡単に自ら調べることができる。これが決定的な違い。インターネットから自虐史観を脱することができた人は多くいるし、これからもっと増えると思います。

安倍総理もFacebookなどでも情報発信をしており、マスコミフィルタで情報を曲げられることなく、直接声を国民に届けられます。
自民党総裁選以降のつまらぬバッシングもFacebookでサラリとかわしています。

インターネットでの情報発信なども交え、マスコミが語るウソのオンパレードを剥がしまくってほしいと思います。
自虐史観から一度脱することができれば、テレビなどにもう騙されることはありません。安倍さんが第一次安倍内閣発足時から唱えている戦後レジームからの脱却、今ならできると思います。

リンク:マスコミではなく、安倍さんの言葉を聞こう
Google検索:戦後レジームからの脱却


人気ブログランキングへ
↑日本の事をちゃんと見るために、クリックをお願いします

参院選、野党候補は何で当選したいのか?

いよいよ7/21(日)は、参院選の投票日。
選挙活動も大詰めですが、あらためて思う事。それは「野党の人たちは当選して仕事するのか?」です。

あの「0増5減」も最後の最後まで参議院として結論を出さず、結果的にみなし否決からの衆議院での再可決で成立しました。
そもそも、この「0増5減」については自民、民主、公明の三党が昨年(2012年)の衆院解散直前に「次期通常国会終了までに結論を得る」と合意していた。最高裁でも違憲の状態であり、早期成立必須のこの法案ですら、参議院は結論は出なかった。

そして、その他法案も会期末を過ぎ廃案。野党が自分たちで提出していた法案も廃案。最後の最後で、首相の問責可決(民主、みんな、共産、維新、など野党が合意)で沸いたようだが、それに至る過程は報道はほぼスルー。廃案の責任は首相にあるなどと。マスコミも全く同類だ。
可決も否決もしない。ただただ政局。採決を出さない議院に誰がした?

成立の見込みだった電力システム改革を進める電気事業法改正案(民主党も合意)、生活保護の不正受給対策を強化する生活保護法改正案(民主党も合意)といった重要法案も廃案。他、民主党なども合意、提出していた法案も廃案。

ただただ対与党。可決、否決もしない、意思決定がなされないというのが最も問題だと思う。
採決しないのに、また立候補して議員になりたい。選挙で叫ぶ野党立候補者→意味が分からない。

仕事でも、遊びでも、何でもそうだが、○○反対!○○はよくない!そりゃ言うのは簡単。だけど前には進まない
そんな人には任せられない。政治も一緒。というか、それ以上に責任がある立場。そこに就こうとしている人が、○○反対!って実はとっても恥ずかしい。

他の政策批判、人の批判、それを声を大にしている候補者は、結局反対しかできない人。何したいんでしょうね。選挙まであと数日、その辺意識しておきたい。
マスコミのミスリードにも気をつけたい。

そういえば国民の生活が第一ってフレーズ最近耳にしません。
あと、うちの選挙区の民主党候補のポスター、民主党のロゴちっちゃ。ちっちゃい上に、背景の草木に混ざって更に見えにく。。

リンク:首相問責、参院可決 民主、迷った末に加わり重要法案廃案、選挙戦突入へ(産経ニュース:2013/6/26)
リンク:区割り法案、24日に再可決へ 3党合意はほご(産経ニュース:2013/6/20)


人気ブログランキングへ
↑日本の事をちゃんと見るために、クリックをお願いします

最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
要注意法案等Google検索
ブログランキング
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
プロフィール

chantomiru

Author:chantomiru

アクセスランキング
[ジャンルランキング] 政治・経済
1355位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング] 政治活動
586位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。