スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人気ブログランキングへ
↑日本の事をちゃんと見るために、クリックをお願いします

露骨。中国の対応とそれにのっかる元政治家

------------------------------
【北京=矢板明夫】中国を訪問している村山富市元首相と加藤紘一元自民党幹事長らへの応対をめぐり、習近平政権による日本の要人への巧みな心理戦が鮮明となってきた。安倍晋三内閣を「隣国に不安に与える政権」と批判する一方、村山氏らを「勇気ある政治家」と持ち上げて、「安倍氏は日本でも孤立している」と中国国内に印象づけている。沖縄県・尖閣諸島問題で対立する日本への“分断作戦”ともいえそうだ。
------------------------------
中国巧みな外交戦術 村山元首相ら利用?“安倍孤立化”狙う(産経ニュース:2013/1/30))

つい先日(1/17)、鳩山元首相も中国を訪問し「南京大虐殺記念館」(←書くのもイヤ)の訪問、お詫び、尖閣諸島発言などがあったばかり。
それに続き、村山元首相の中国訪問。そして、両元首相を褒める中国。なぜ同じ時期に訪問に至ったのか、それは知らないが、何とも露骨なやり口だと感じる。そしてそれに協力する元首相たち。。

しかし、中国にとって「使える」と思えた反日元首相を短期間にピンポイントで中国入り&よいしょ。
はっきりいって「えぇように使われている」としか映らないこの現状が、今の日本のおかしさに多くに人が気づくきっかけになるに違いない。

それにしても、もうおとなしくしておいて欲しいし、宇宙人と言われた元首相と、とんでもない談話を残したお爺さんお読んでまで、ニュースを作りたかったのか?

それだけ安倍首相が中国にとって脅威である。ということと、日本にとってまっとうな首相だということの現れだと受け止められる。
あからさま過ぎて中国の焦りを感じる。

Google検索:反日 村山
Google検索:反日 鳩山


人気ブログランキングへ
↑日本の事をちゃんと見るために、クリックをお願いします

スポンサーサイト

破壊や暴力、そんな卑劣な脅しに屈するな

破壊、略奪、暴力
国と国との間で、たとえ納得がいかないことがあっても、民間レベルでこの暴動は全く異常としか言いようがない。

日本で同様のことがあったとして、中国に関する建物を破壊しようとか、まして中国人を見つけて暴力を振るおうとは、私たち日本人は思いません。外交に関しては政府、つまり日本政府へ不満が向くはずです。この中国め!と思っても、矛先は日本の対応としての代表となる日本政府です。
だって、日本にある中国企業を襲撃しても、1中国人に暴力をふるってもどうかなるというものではないから。

まして、尖閣諸島は正に日本の領土です。
子供のけんかレベル以下のようないちゃもんを勝手につけられて、こんな被害やこんな危険な状態って。。

中国に進出している日本企業は、きっと日本人以上に中国人には気を使い、法令も遵守し、差別なども無く対応をしていると思います。しかし、ひとたび何かが起きれば、破壊、略奪、暴力。何があっても自分たちの考えが正しい。。昔と何も変わってないんですよ。

日本が明治以降中国で本当にひどいことをしていたと思いますか?先に記載した青字の部分。日本人のとして考えるようなこの根底のような思いが、2,3世代前だけは別で狂気のような日本軍であったと本当に思いますか?教科書がとかそういった問題ではなく、日本人である私たちが自分自身で考えたとして、本当にそうだったと、思えますか?

尖閣諸島は、日本政府が1895年にいずれの国にも属していないことを確認したうえで尖閣諸島を沖縄県に編入しています。
そして、1968年の海底調査の結果、尖閣諸島周辺に石油資源が埋蔵されていることがほぼ確実とわかり、1971年から中国領有権を主張してきています。その埋蔵量は、世界第2の産油国イラクと同程度という調査結果が出ています。
中国が尖閣を維持でも自分たちのものにしたい理由がここにあります。


勝手に領土問題化されているわけですが、日本側もあたらずさわらずで何十年も放置してきたツケが今ここに出ています。
二国間の問題について、当然ですがどこの国も助けてなどくれません。二国間で解決してね。そして自分たちの国に影響はないようにしてくれよ。です。

今までのような、遠慮、配慮は一切不要です。日本はどうなのかこれを中国に向けるだけです。
破壊、略奪、暴力。相手、しかも民間人(といわれている人たち)がむちゃくちゃであっても、外交としては引いちゃいけない。一歩でも引く姿勢を見せれば相手の思うつぼ、さらに勢いを増すことは目に見えています。
それを制御、制圧できない、しないのだから、中国政府も同レベルです。

暴れたもん勝ちなんてありえない。

Google検索:中国が尖閣を欲しい理由
Wikipedia:尖閣諸島問題


人気ブログランキングへ
↑日本の事をちゃんと見るために、クリックをお願いします

デモじゃない、暴動。

尖閣国有化後の中国国内の暴動、略奪行為は全く目に余る。

「反日デモ」と報道するが、あれがデモだと思ったら大間違い。「一部暴徒化」とは言っているが「反日・デモ+暴徒化」のような印象での報道。。やめてくれ。あれは暴動

野田総理、は本日(2012/9/17)福岡市で行われる民主党代表選の立会演説会への出席を取りやめたそうだ(関連記事はこちら)。そして、中国への対応として「引き続き緊張感を持って対応してほしい」と指示をした。反日デモへの即応態勢を優先し、民主党本部からインターネット中継で参加する(関連記事はこちら)。

優先度度合いが変だと感じるのは私だけでしょうか?
代表選で演説せずとも、中国に対して凛とした対応を行動で示すことができるのが現職総理大臣の優位性ではないだろうか。

そして、どうして今中国に強いメッセージを投げないのか?
どうして「尖閣は日本固有の領土だ」と声を大にして言わないのか?

矛先を向けられている当事国日本ではあるが、客観的にみて今の中国の暴動は大国としてありえない民度の低さであり、それを制御できない中国政府も同レベルということだ。

中国の暴動は、テレビ、新聞でも大きく報道されているが、ジャストなど店舗系の破壊の後の略奪行為は報じているのだろうか。クリスチャン・ディオール、ロレックスも店舗が破壊されている点は無視できない。反日をネタにした単なる暴力窃盗集団も混ざっていのではないか?
上海ユニクロはそんな中「尖閣諸島は中国固有の領土」と店舗に張り紙をし被害をまぬがれている。いくらなんでもこれはなしよ。。

中国の漁船1000隻が17日中にも沖縄県・尖閣諸島付近の海域に到着する見込みとのこと(関連記事はこちら)。
自衛隊を出動させないともうだめでしょう。自国の領土が本当に危ない自衛のための自衛隊でしょ。

「平穏かつ安定的に維持・管理~」といって、何もしなかったからこそ、平穏でも安定にもなっていない。
(出動しないにしても)強い力を秘めた上で、強い姿勢と、強いメッセージを出さないと。相手は常識的な話が通用する相手じゃないんだから。
「大人の対応」なんて都合のいい言葉は使わないでよ。大人の対応というのなら、強く叱ってあげないと。

Google検索:尖閣諸島 日本領土
リンク:東方腐敗 - 「まるで強盗団」暴徒乱入、無言で破壊・放火~工場再起不能→数万人失業


人気ブログランキングへ
↑日本の事をちゃんと見るために、クリックをお願いします

表面的な感情論でなく真実の検証を(南京事件)

------------------------------
 23日(2012/2/23)付の中国紙、環球時報は、名古屋市の河村たかし市長による「南京大虐殺」否定発言を受け、同市長の中国入国を禁止する「個人制裁」や、名古屋市への観光旅行を取りやめるなどの圧力を加えるべきだとの社説を掲載した。
 社説は、河村市長が南京市の訪問団に直接、大虐殺を否定したことは「史実と外交儀礼に反し、中国社会を激怒させた」と指摘。日本政府も南京大虐殺は認めており、河村市長の考え方は日本でも「極右」に属するとし、個人制裁などで「市長を謝罪や辞職に追い込むことは可能だ」と強調した。
------------------------------
河村名古屋市長に個人制裁を 中国紙社説 「極右」に属する(産経ニュース:2012/2/23))

表面的なことと、感情面での話しかニュースなどでは流れない。
日本政府が、「植民地支配と侵略を謝罪した村山談話を政府が踏襲している。」と言っていることも問題であるが、感情論は抜きにしてきっちり事実に基づいて検証したらいい。

『「日本は悪かった」でスタートし「日本は悪かった」で終わる』結論ありきで実施する検証はもうたくさんだ。
真実の追究に、(中国側への)配慮などは必要ない。

Google検索:南京事件 真実
Google検索:村山談話
リンク:国民が知らない反日の実態 - 南京大虐殺の正体
リンク:せと弘幸Blog『日本よ何処へ』 - 河村たかし名古屋市長の勇気ある発言


人気ブログランキングへ
↑日本の事をちゃんと見るために、クリックをお願いします

どこまでも軽く見られている

------------------------------
【北京=矢板明夫】中国を訪問中の公明党の山口那津男代表は15日(2010/12/15)、北京の人民大会堂で習近平国家副主席と会談し、中国漁船衝突事件を受けて途絶えていた日中間の民間交流を早期に再開させていくことなどで一致した。
------------------------------
中国は覇権を求めない 習副主席が山口氏に伝える(産経ニュース:2010/12/15))

スーツの前ボタン外してますね。
                    ↓↓↓
中国習近平国家副主席と会談する公明党山口代表

人って単純なもので、これを見ただけでも、国家間の関係の上下などを無意識の内に判断してしまうものです。
これが世界に流れる。

以前も、菅首相と胡錦涛氏との会談時もスーツのボタンを外した状態で会談されています。
【高橋昌之のとっておき】忘れてはならない国辱的な日中首脳会談
この時点ですでに(完全に)呑まれています。

Amazon:王道の日本、覇道の中国、火道の米国
Google検索:中国 会談 スーツのボタンを外した


人気ブログランキングへ
↑日本の事をちゃんと見るために、クリックをお願いします

最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
要注意法案等Google検索
ブログランキング
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
プロフィール

chantomiru

Author:chantomiru

アクセスランキング
[ジャンルランキング] 政治・経済
1380位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング] 政治活動
606位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。