スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人気ブログランキングへ
↑日本の事をちゃんと見るために、クリックをお願いします

子供に読ませるものじゃない。はだしのゲン

-------------------------------
 昨年12月に亡くなった漫画家中沢啓治さんの代表作「はだしのゲン」の企画展が開かれている福山市丸之内の市人権平和資料館に6日、市内の小学校や保育所など4団体計約130人が訪れ、平和学習をした。

 被爆直後に真っ赤な炎が空を染める惨状などを描いた原画の複製とポスター計24点を展示している。同館職員の中山孝範さん(63)が描かれた状況を説明し「平和を語り継いでほしい」と話した。

 「漫画なら平和を学ぶとっかかりをつくれる」と、深津小の関知恵子教諭(47)は4年生の希望者32人を引率。矢野弘圭君(9)は「原作を読んでみたくなった」と話した。
-------------------------------
「ゲン」見て児童ら平和学習(中国新聞オンライン:2013/8/7)


平和を?学ぶ?

広島生まれ、広島育ち。通っていた小学校の図書館で、漫画は一冊もない中「はだしのゲン」だけは特別に置かれていた。
リアルな描画・雰囲気に引き込まれる。この漫画は何度も読んだ。戦争のおぞましさ、原爆の悲惨さを知った大きな要素の一つだった。大人になっても全巻読み返したこともある。
が、今言える事は、この漫画は子供に読ませてはいけない。

原爆投下前から始まり、原爆で家族も家も失い、悲惨な状況下、風評にも耐え生きていく姿・姿勢、それは学ぶべき点もある。とても共感できる。
しかし、もうひとつの側面があり、このメッセージ性が大変危険なものだ。逆にこちらを書きたいがために、前者記載の生き抜く姿と融合させたのではないかと言えるほど。

今漫画を読み直してこれを書いているのではないが、もうひとつのメッセージそれは、強烈な反日
・当時、日本人はみな日本政府の右翼教育に洗脳されていた
・ゲンの家(お隣の朴さん)は正しい眼を持っていた
・中国などで日本は虐殺の限りを尽くしていた
・朝鮮人への強制労働はすさまじいものだった
・戦争、原爆の責任は最高の殺人者昭和天皇だ

その他、完全な反日左翼の思想そのものが、随所に盛り込まれている。物語の進行と共に、おぞましい恐怖感と合わせて頭の中に焼き付いていく。
大人になって全巻を読み返した時(まだ自虐史観にどっぷり浸かっていたころ)、アメリカの原爆投下、天皇や日本軍、日本政府などに対して思っていることと、この漫画の言っていることがあまりに重なり、そうだそうだと思い返したこともある。逆に言えば、それだけこの漫画から得た情報はそのまま自分の中に溶け込んでいたといえる。

はだしのゲン→平和教育?
やはり、どうかしている。反戦に関して平和教育として役立つ点があるのも事実。しかし、戦争責任は天皇、朝鮮人の強制労働あり。日本軍=悪で非道を繰り返していた。国歌斉唱反対。などといった反日の思想教育もセットなのだという事の理解は必要だ。日本は残虐の限りを尽くしたと、あることないこと全部やったと決めつけ、展開していく。ここについては公では確実にスルーされるところ。

大人でも事前知識なく読めば自虐史感に引きこまれる。
自分も小学生からこの漫画を読み、根底にい多大な影響を受けていた事を思うと、やりきれない気持ちでいっぱいだ。私は自虐史観を脱する事ができた35歳まで完全に反日本の日本人だったといえる。

子供のころに読むからこそ、より意識の根底に焼きつく。焼きつき拭い去れないのです。

自分の中で最もおぞましいと思える漫画は「はだしのゲン」だ。


人気ブログランキングへ
↑日本の事をちゃんと見るために、クリックをお願いします

スポンサーサイト

石平氏講演会参加

---------------------------------------------
日本会議広島・東広島支部時局講演会
 石平氏 イリハム・マハムティ氏 
  マスメディアが伝えない中国の暗部
   ~あなたは中国の実態をしっていますか?~
 平成25年3月9日(土) 14:00~
 グランラセーレ東広島 平安閣
---------------------------------------------
に行ってきました。

中国については最近のいろんな勉強で情報として徐々にわかってきてはいましたが、それでもウイグルの実際や、中国の国と共産党の関係など、目の覚めるような内容で、講演会の標題にもあるように、ほんっとうに日本のマスコミはそろいも揃って、中国について何も客観的な事実を伝えていない、伝える気がないことを再認識しました。
「日本のマスコミは中国の実態ではなく、中国政府発表をそのままを報道する」という言葉がとても印象的であり、また納得のできるところでした。

つまり、マスコミが中国の何かを言っていたならば、日本のメディアの発表というよりむしろ「中国政府はそういっているのね。」と受け止め、その内容や、それに "実際" や "真実" あたりを追記してネットで検索するのが、よいかと。

尖閣諸島への中国のあらゆる揺さぶりとその背景についてもなるほど、と。そして、正しい情報が普通に報じられていれば、日本人なら考えれば普通にわかるレベルの手でしかない。と改めて感じました。

戦後何十年とウソに塗り固められた情報も、インターネットの検索ひとつで真実がストレートに暴かれるようになっています。そして、民主党政権の大失態、中国、韓国のえげつない動きを見て、おかしさを感じている日本人が増えたことは間違いありません。

今の政府、安倍政権の言動、動きは至極全うであり、目線が日本です。ヘンテコなマスコミの言葉に惑わさらないようにして日本国民目線でいきましょう。

本:尖閣問題。真実のすべて


人気ブログランキングへ
↑日本の事をちゃんと見るために、クリックをお願いします

本年もよろしくお願いします。

昨年以上に遅ればせながら、本年もよろしくお願いしますm(_ _)m

小生、仕事が大変な状況が続いており、気を休める余裕のない状態が続いております。
拝見させていただいていたブログも、仕事の関係などで更新がままならないゆえ、管理者さんが閉鎖を決意したといったところもいくつかあり、自分もそうするか。とも思ったりしました。

がしかし、それでも閉じたくはないという想いと、ここ1、2週間なぜかブログランキングの順位が超低空順位から跳ね上がり、200位前後を推移しています。

それでも見てくださっている方々がいる。そして、このようなつたない文面でも、ランキングや拍手のリンクをクリックしていってくれる方々がおられると思うと、やはりやっていこうという気になってまいります。

しっかりした文章、長文でなくとも、ストレートに自分の思いを、自分の観点の上で記載していければいい。書ける時間のある時に、思いの丈をぶつけるようなのでいいんじゃないか。と思っています。

2月中を過ぎれば少しは余裕が出るのではないかと期待しつつ、できる範囲ででも続けていこうと思いますので、本年も何とぞよろしくお願い致します。


人気ブログランキングへ
↑日本の事をちゃんと見るために、クリックをお願いします

状況報告(2011/3/27)と報道の欠落

昨年(2010年)7月からの尋常でない状態(仕事)をやっと脱することができました。毎日ほぼ最終の状態ではありますが、返れない状況や、休みなしの状況は抜け出せたといえます。

国語力もなく、1記事アップするのにかなりの時間を要していますが、それで記事を書くのがおっくうになってしまってはブログを配信している意味がありません。立派な文章でなくても、日本の事をちゃんと見れるような記事を書いていきたいと思います。

最近ブログを書きたかったけども、書けなかった事も多々あります。
その元ネタとなるリンク(と一部引用)だけですが、アップさせていただきたいと思います。

■2011/3/12
まさか、右翼と呼ばないで! - 冷却剤を送るという米国の申し出を菅が断った !!
--------------------------------
福島の原発は冷却剤を送るという米国の申し出を菅が断ったってどこかで見かけたのですが本当ですか?

◆ 自民党政権時代に計上していた災害予算 ◆
緊急災害対策予備費4400億円
耐震・防火・安全対策等1.7兆円(耐震補強工事予算・学校耐震化 ・地震特別会計他予算)
 ↓
民主党が無駄金と廃止 (2009.9政権交代でゼロ円に)
緊急災害対策費0円

「二百年に一度の地震に備えてお金を使う必要があるんですか?」by蓮舫
災害対策予備費 ・学校耐震化予算 ・地震再保険特別会計を全てカット
自民党緊急対策で組まれた、耐震補強工事予算を全てカット by前原
--------------------------------
仕事帰りの深夜バスの中でこの記事を見て、頭が白くなりました。
アメリカからの冷却材提供の申し出を菅首相が断った。というのも驚きでした。
テレビでは「最悪の事態を想定して動いている」と言ってなかったっけ!?
震災についてあれだけテレビで報道していたというのに、このことは全く耳にしていない。
マスコミはこれを直ちに報道し、これこそ政府に対して痛烈に痛烈に批判しなければならないことではないだろうか!
批判の有無は差し置いても、情報として電波に乗せることすらしなかったのはなぜだ!?
このことは、後に記事にもなっています。
大村知事が首相批判 「米の冷却剤申し出断った」(中日新聞:2011/3/20)

■2011/3/16
中韓を知りすぎた男 - 綱渡りの韓国(2011/3/16)
---------------------------
パキスタン、アフガニスタン、スリランカなどの多くの極貧国が「日本はこれまで多額の支援をしてくれた。日本のような国にとっては大した額ではないが、せめてもの助けになれば」と言って支援の申し出が相次いでいます。

このような悲惨な状況下の日本に借金を申し込む国があるでしょうか?実はあるのです。それは破綻寸前の韓国です。
---------------------------
驚きました。
「韓国はいち早く災害救助犬を派遣してくれた」といういい印象しか今はないと思っていたら。。
そして今少し調べてみたら、韓国のこの救助犬チームはスムーズに入国し活動しているのに、スイスの災害救助犬は日本の厳しい検疫で足止めされていた。
この差はなんなのだろう?
韓国の災害救助犬についてのニュースは見たけども、スイスについては「スイス」という国名自体テレビでは全く聞かないのだけども。。
この差は、なんなのだろう??
韓国の救助犬2頭のうち1頭は逃亡してるって本当・・?
ちなみに、上記の記事の中にもありますが、1997年に韓国は経済破綻しています。その時IMFが支援をし、IMF以外に日本が個別で多額の支援をし、韓国は立ち直っています。
(韓国の家庭の借金総額約63兆円超。日本の家庭の総資産額およそ360兆円)
日本は本当に破綻へ向かっているのか?

私は広島に住んでいますが、広島でも震災の影響は間接的に出てきています。
マツダは今週出勤は1日だけと聞きました。関連企業もそれに順ずると思われます。JRも列車の部品の関係もあり減便します。他にも先行き不透明にてすでに仕事の話がいくつか立ち消えたものもあります。
今は本当に日本人が一つになり、日本の復興に向けて「個」ではなく「皆」で協力していく時だと思います。

ただ、今もスイスの話しがあるように、情報はテレビからだけでなく、ネットで自分から取りに行きましょう!
耳に入ってくるだけの選別された繰り返しの情報では一側面だけで何も考えられなくなります。
インターネットの検索で、ストレートな一時情報に目を向けませんか。

ひとつ、いい言葉を見つけたので紹介させてください。
うばい合えば足らぬ、わけ合えばあまる。相田みつを
うばい合えば足らぬ

がんばろう日本!!日本国旗

Google検索:韓国 災害救助犬
Google検索:韓国 破産
Google検索:原発 日本


人気ブログランキングへ
↑日本の事をちゃんと見るために、クリックをお願いします

本年もよろしくお願いします。

遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

まだまだ休みのない日が続いています。いろんな事を調べたい。しかし、日々目の前の大きな問題の対応に迫られる。早く落ち着かせるべく努力しています。
まずは睡眠時間を確保すること、休日を取ることから。。


人気ブログランキングへ
↑日本の事をちゃんと見るために、クリックをお願いします

最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
要注意法案等Google検索
ブログランキング
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
プロフィール

chantomiru

Author:chantomiru

アクセスランキング
[ジャンルランキング] 政治・経済
1380位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング] 政治活動
606位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。