スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人気ブログランキングへ
↑日本の事をちゃんと見るために、クリックをお願いします

建国記念の日奉祝式典・建国を祝う集い

自宅に国旗を掲揚し、建国記念の日奉祝委員会主催の『建国記念の日奉祝式典 建国を祝う集い』に参加してきました。日本国旗


この『建国を祝う集い』に昨年(平成24年)初めて参加してから、いくつかの会に参加しています。日本がおかしいことに気づいてインターネットなどで調べ始めてから、リアルな会に足を運ぶまでに3年半かかりました。。

本やインターネットでも日々いろんな情報から日本の凄さと良さを吸収していますが、やはりこういった場に行くと違います。単なる情報のINPUTでなく、日本と日本人の良さを身に染みて感じます。空気が違います。また、君が代の斉唱はやはり圧巻です。せいぜい口パク止まりで大人になった私ですが、ようやくしっかり声に出して斉唱することができるようになりました。

過去の歴史を断ち切られんばかりにおかしくなってしまった日本と、今の巷の情報に惑わされないように、微力ながらも日本の事をちゃんと見られるように、という思いでブログを続けています。

全く持って不定期更新ですが、自分なりの観点で続けていきますので、よろしくお願いします。

今の時代、今の状況、おかしさに気づける要素がいくらでもある!

なんか変じゃない?」そう感じたらまず検索→Google検索


人気ブログランキングへ
↑日本の事をちゃんと見るために、クリックをお願いします

スポンサーサイト

今こそテレビを脱し、ネットで真実を検索しよう

なんだよ中国、ふざけるな韓国。ほんと何にやってんだ日本政府。怒り、苛立ちをもっている人は本当に多いと思います。小学生でも意味がわからないかと。

しかし、感情的になっては先へ進めない。ここはちょっと冷静に考えてみたい。

民主党政権になって(自民党時代がどうこうという相対的な話ではなく)日本が何か良くなった、強くなった。ということは何かあっただろうか?
「国民の生活が第一」と今でもうたっている民主党。本当に日本国民の生活を第一に思っている行動を取っているだろうか?そう思っているといえるだろうか?

ないな。。

とはいえ、その民主党を選んだのは、衆院選で圧勝させたのは、私たち日本国民です。
民主党の悪口を言うのは簡単ですが「日本国民の民意で選ばれた」という事を忘れてはいけません。これは事実です。

思い返してみると前回の衆院選でテレビをはじめ各メディアはやたら「政権交代」と言っていました。
それは徐々にエスカレートしていき、投票日近くには政策の話より、とにかく政権交代。「もう、、政権交代するしかない!」みたいなノリでした。
民主党を良く知らないけど、民主党に投票したという人も多かったのではないかと思います。

しかし、民主党の支持母体の1つはあの日教組なのです。日教組のドンが今の民主党の幹事長です。
また、民主党の支持団体には、民団という団体があります。正しくは「在日本大韓民国民団」運営資金の半分以上を韓国政府が負担しています。民主党はこの民団に、外国人参政権の早期成立を約束しています。というより、外国人地方参政権付与は民主党結党時からの基本政策だったりします。驚きの内容はまだまだもっとあります。
おいおいおい。。そうです、民主党の真実は一度は探る必要があるのです。

麻生元総理のマスコミからの叩かれ方は、とてもひどかった。漢字の読み間違い、ホテルのバーで庶民的金銭感覚がない、など。自国の総理大臣に対してそこまで言うか!?(しかし、肝心な政策のことではありません)
これに対し、政権交代をし総理大臣となった鳩山さんはひと月1500万円のおこづかいをもらっていました。強烈です。しかし、麻生さんのように金銭感覚についてヒステリックに報道されることはありませんでした。
政治主導と声を大にしていた菅前総理。しかし官僚から差し出された原稿を忠実に読み上げまず。その原稿がカメラに写り、あれこれ報道もされました。原稿には小学生レベルのふりがな付きです。しかし、麻生さんのように漢字が読めない総理と大々的に取り上げられることはありませんでした。
同じ自民党でも、現自民党総裁の谷垣さんは滅多打ちになることはありません。

この差はなに?

マスコミが、(特に感情的になって)叩く政治家は実は日本のためを考えて動く政治家で、マスコミが擁護する政治家はろくな政治家ではない。ほぼ間違いないです。
故中川昭一さんもそうでした。安倍元総理も、教育改革・戦後レジームの脱却と、反日と真っ向からぶつかる政策でしたから。。

長々と書きました。
結局何が言いたいかというと、表面上を行きかっている情報は全く当てにならない。当てにならないというより真逆なことが驚くほど多いのです。

私は数年前までは、完全に左寄りの人間でした。
広島での平和教育、テレビのいう事は正しいと信じ込み、自民党は絶対に支持してはいけない。アジアへの反省。アメリカが日本を救った。天皇の存在意味は不明。などなど思っていました。
しかし、ひょんなことから「ネットで調べる」ということを始めてから、衝撃の事実の連続。事実そのものと、自分が学んできたこと・知っていることは、実は真逆であったこと。調べれば調べるだけ剥がれ落ちる世間一般語られている常識。朝までパソコンに向かうこともしばしば。どれだけ、どこまで捏造なのだと。。

今は、竹島、尖閣諸島、政治など、誰が見ても本当に「おかしい」と思えることが多いと思います。ここはひとつ、情報源としてテレビは絶ち、インターネットに変えてみませんか。ほんの少し目線が変わると思います。そして、「インターネットのニュースを読む」から「インターネットで検索して調べる」に変わると、劇的に変化が表れる。そう思っています。受動的情報収集と能動的情報収集の差です。そして、テレビのフィルタを抜けてくる情報より、インターネットの方がより一次情報源に近いといえます。

今は日本の危機だと言えますが、ある意味チャンスです。これを機に、多くの日本人が目覚められると思っています。
日常生活の中ではマスコミフィルターがあり、その先がが見えていないだけであって、その先を見ることができれば正しい判断、行動が取れるのが私たち日本人です。


人気ブログランキングへ
↑日本の事をちゃんと見るために、クリックをお願いします

第21回戦歿者追悼平和祈念の集い(広島護国神社)

終戦の日にあたりまして、すべての戦没者に哀悼と感謝を捧げます。

第21回戦歿者追悼平和祈念の集い(広島護国神社)に参加しました。

10時より広島護国神社主催の英霊感謝祭。11時より平和祈念の集い。その中で、大之木英雄氏による記念講演『1945年の日本の若者~沖縄特攻~』があり、12時に全員で黙祷をしました。

大之木さんは実際に海軍の航空隊に属していた特攻隊員でした。とても心にくる力強い語りであり、特攻隊員の気持ち、当時の状況、特攻の成果と影響など多くの貴重なお話を聞かせていただきました。

勇気と、日本人としての誇りについて、より強いものになりました。後日、頭を整理してブログにアップしたいと思います。


人気ブログランキングへ
↑日本の事をちゃんと見るために、クリックをお願いします

8.6広島平和ミーティング参加

「8.6 広島平和ミーティング」に参加してきました。

広島平和ミーティング

お二方の話は、ストレートで深い内容もとてもわかりやすかった。

日下さんの戦中、戦後の話、ここで聞いたような話は、今まで一度も聞いたことない。
それもそうだ。ここ広島で、自分も小学生のころから夏となれば平和学習として、戦争映画、原爆の悲惨さを勉強してきた。核兵器→×、戦争→悪。それはもちろんそうですよ。しかし、その話しか頭に残っていない。なぜ戦争が起きたのか、その時の世界の状況は...といった話は無い。
そういった点で、原爆、戦争だけにフォーカスをあてるのではなく、当時の状況などを話してくださった日下さんの話は、とても自然に耳に入ってきました。

田母神さんの話も、実にわかりやすかった。
その中でも印象的だったものの1つに「日本には言論の自由がない」の言葉。全くその通りだ。
今、「原発は必要だ」「日本も核兵器を持つべきだ」(そう思っているいないは別にして)口に出すことすらできない。耳にしても「おいおい」とか思ってしまうであろう風土になっています。
感情面で一般国民に情報を流し、冷静な議論すらできない今の状況。。

講演会会場で購入したこの本、お勧めします。
→「騙されるな日本!領土、国益、私ならこう守る
今の日本のおかしさに疑問を持てている人なら、最後まで一気に読めると思います。

入場時資料にあった「第21回戦歿者追悼平和祈念の集い」(広島護国神社)に、8月15日に参加します。

Google検索:


人気ブログランキングへ
↑日本の事をちゃんと見るために、クリックをお願いします

別枠記載のない日本地図を見よう

日本地図は数あれど、ちゃんと1枚の別枠記載なしの日本地図は実に少ない。
沖縄本島を始め、尖閣諸島、竹島、小笠原諸島に、沖ノ鳥島、南鳥島。日本の端に位置する大事な島は、島と緯度経度のみ記載された小枠の中に収められ、地図の片隅に印刷されている。

地球儀でないと日本の全体像がわからない...?
でも地球儀だと地図とは観点が異なり、世界、国の記載が中心となる。

沖ノ鳥島がかなり南にあるのは知っていても、どのくらい遠いのかはわからない。南鳥島が日本の相当遠くの東南にあるのは知っていても、唯一太平洋プレート上にある事はわからない。

2年半前なんとか探し当てて購入したのが、以前ブログに記載したこちらの地図です。→真の日本地図(2012/6/10現在、サイト準備中でリンク切れ)

そして少し前に大型書店で見つけた地図「日本の島全図シマーズ」。即買いしました。
この地図は日本の「島」をターゲットとしていることからも、別枠なしで島の位置を見ることができます。。

前述の「真の日本地図(眞日本地図)」、後述の「シマーズ」どちらも日本を一面で表すと、「日本は広い」そう思います。

「日本全図」と謳われている日本地図でもそのほとんどが別枠ありです。
今回紹介したような、本当に一目で日本を縮尺表示しただけの地図を、ぜひ1枚は持っておきたい、常に見ていたいと思います。

リンク:日本の国境、正解は2%..!?
リンク:日本の島全図シマーズ
Amazon:日本の島全図 Shima-zu (シマーズ)
Google検索:日本 領海・EEZ面積は世界第6位


人気ブログランキングへ
↑日本の事をちゃんと見るために、クリックをお願いします

最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
要注意法案等Google検索
ブログランキング
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
プロフィール

chantomiru

Author:chantomiru

アクセスランキング
[ジャンルランキング] 政治・経済
1380位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング] 政治活動
606位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。