スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人気ブログランキングへ
↑日本の事をちゃんと見るために、クリックをお願いします

マニフェストに載っていない重大政策(一部)

民主党政策集INDEX2009に載っていて、マニフェストには書かれていない重大な政策を一部抜粋する。
  • 外国人参政権付与法案
  • 夫婦別姓法案
  • 人権侵害救済法案
  • 慰安婦賠償法案
  • 教育関連法案
これらはどれも重要な法案である。
どう重要か?それは、国の存亡、家族・教育の崩壊に直結するからだ。
増税などのように法案成立時に特出した変化がみられるかというとそれはないかもしれない。しかし、数年後にはじわじわ影響が現れ、20年も経てばもう今のような世の中ではなくなっている可能性が非常に高い。
我々は日本人であるが、日本人にとっていいように変わる法案では決してない。

繰り返すが、これは大変重大な問題を秘めた法案である。しかし、マニフェストには記載されていないものである。
マニフェストに記載した内容を実施するだけでも大変な労力が必要であるが、そうではない。

けど、、すでにこれらの法案は成立に向けて着々と動いているのである。
来年の参院選で民主が勝利した場合、一気に法案成立となる可能性がある。
これほどの法案を急ぎ早に成立させようと精力的に動くのなら、どうしてマニフェストに載せなかったのか?
「これらを早期に成立させたいのです!」となぜ衆院選でうたわなかったのか?
有権者もそこをよくよく考える必要があります。

国の法案は国レベルであって規模が大きい。しかし、だからといって専門家に(政治家に)任せよう。という発想は持たない方がいい。ちゃんと内容を少しでも見ればなんとなく想像はつく。それを身近な例に置き換えて、ちょっと先を想像してみればイメージはつかめるはず。
決して他人事ではないのです。

わかる範囲で公開していきたいと思う。


人気ブログランキングへ
↑日本の事をちゃんと見るために、クリックをお願いします

スポンサーサイト

民主党政策INDEX2009とマニフェストの違い

民主党の出している「政策集INDEX2009」と「マニフェスト」の扱いは別物です。
 
INDEXの方は(そのままですが)「政策集」です。党としてこのような事をやっていきたい。ということをまとめたもの。
マニフェストは政権与党になった際の政策で、任期中に実施するという約束、鳩山総理の言う「国民との契約」です。

なのでINDEXの方は、民主党はこういったことを推進していこうとしているのだな。という観点で見るのが正解だと思います。
当然マニフェストの方が優先順位は高いものとなります。


人気ブログランキングへ
↑日本の事をちゃんと見るために、クリックをお願いします

民主党のいう国家主権の移譲とは?

5年前ではあるが、民主党のニュースであるが気になるものを発見した。

2004/06/23のニュースで、次のような題目。
民主党「憲法提言中間報告」のポイント

その中に、
----------
(1)グローバリゼーションと情報化に伴う新しい変化や価値に応えるために。
◆国家主権の移譲や主権の共有へ
◆アジアとの共生
----------
と書かれています。民主党サイトの掲載はこちら

「国家主権の移譲」ってどこへ?「主権の共有」って誰と?
並んで、「アジアとの共生」って、アジアのどこかへ主権を移譲?共有?

どんなことがあっても国の存続のために主権の固守が独立国家には必要でしょうに。
5年前の記事なので今はどうかはわからないが、国家主権を移譲だの、共有だのってありえないでしょ?

外国人地方選挙権付与は、民主党の結党時からの基本政策だし、1000万人移民受け入れ構想など、日本と日本人にプラスになるとはとても思えない。

他にもこういう問題あるんじゃないか?ニュースで全然聞かないというのもなぜなのだろうか?
疑問は深まるばかり。。調べていけばいくほど、「?」が増える、眉間にしわが寄る。


人気ブログランキングへ
↑日本の事をちゃんと見るために、クリックをお願いします

最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
要注意法案等Google検索
ブログランキング
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
プロフィール

chantomiru

Author:chantomiru

アクセスランキング
[ジャンルランキング] 政治・経済
1380位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング] 政治活動
606位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。