スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人気ブログランキングへ
↑日本の事をちゃんと見るために、クリックをお願いします

このままでは竹島は完全に乗っ取られる

竹島について「領土問題から竹島が消える?(2009/12/25)」にて、高校の教科書から「竹島」が消える事を記載した。
韓国への配慮はないというが、自国の領土を不法占拠されて、当然の主張もできず、自国の教科書にも自分達の思いが書けないというのは異常いえる。(竹島記述見送り 表現、公表時期…何重もの配慮(産経ニュース:2009/12/25))

「領土問題」と言われるが、実際はそのレベルではなく、「韓国の不法占拠問題」だ。

韓国は政府レベル、民間レベル共に非常に強いメッセージを出している。
それに対して日本はどうだ?日本の領土であるにもかかわらず相手の顔色を伺いジリジリと後退していっている。

これだけ配慮した今回の結果を韓国はどう受け止めているか。民間レベルではそれでも「日本が領有権を主張していることに変わりないではないか」とし、すべてのメディアが一致して日本非難のキャンペーンを展開している。(韓国、竹島で非難キャンペーン “友愛外交”効果無し(産経ニュース:2009/12/26))

このままでは日本は今度「竹島は日本の領土」という言葉を発することもできない状態になってしまう。いや既になってしまっている。

韓国では、教育の中で常に「独島(竹島)は韓国領だ」と教え込んでいる。それを大人も子どももそう信じて疑わない。
それに対して日本は教科書の記述でさえこのような状態。政府、国民ともに、なんとか取りもどさねば、という思いはそう感じられない。マスコミも取り上げないから世間の関心も薄れている。

これはつまりどういうことか。

韓国の主張を長年耳にしていくことで「竹島が日本の領土であることに疑いを持つ日本人」が出てきても不思議ではない状況なのだ。
国対国で、自分のものを自分ものだと言えていないのだから。 
事実、日本の北海道教職員組合は韓国の主張は正しいと主張している。(韓国大興奮、北海道教組「竹島は韓国領」(産経ニュース:2009/12/30))

もはや竹島だけの問題ではないのである。何も主張のできない国として、何もかも侵食されていく。

テレビの報道だけでは全く足らない。もはやあてにしない、見ないくらいの方がよいところまできている。

ここにこれられいる方はインターネットという道具が使える方ですので、少しでいいので是非調べてみてください。
危機的状況が本当に見えてきます。

当然の主張もできず、何十年も受け身で何をやられてもやられっぱなし。日本人が拿捕され、殺され、占拠され、世界にある地図の名前を変え、相手は本気で韓国領にしようとしている。こうしている間にも韓国が実効支配している期間としての実績が積まれていくばかりなのだ。
自国の領土だと主張すらしないということは、不法占拠を許す、認めるに等しい。
「そうじゃない(認めたわけではない)」と言ったとしても、そんな日本的な(正しいことは最後には勝つはずだ)想いは国際社会では通用しない。

政権交代後日本領であることを主張しても、「今の」この弱腰な姿勢が、後に「過去何も反論しなかった」という外交カードとして利用される。
本当にこのままでは手も足も出なくなるのだ。

鳩山総理の言う友愛ってなんだ?
諸外国と仲良くすることは大切なことだ。しかしそれは、何も言い返さず言いなりになることとは違う。

検索ワード:竹島 韓国 不法占拠


人気ブログランキングへ
↑日本の事をちゃんと見るために、クリックをお願いします

スポンサーサイト

きっかけ伝8(衆院選の報道の偏り)

日本の事をちゃんと見るに至った過程の記録です。
~2009年8月~


2009年8月30日投票の衆議院議員選挙の選挙戦が始まった。
今回は政権交代の可能性が高く、各党今まで以上にヒートアップしていたように感じた。

この1年で微妙にではあるがテレビの報道をそのまま信じてよいものか?という思いがあった。
そこで、テレビを見ると、朝の番組から、ワイドショー、夜のニュースまで、どうも民主党のヨイショが目立つと思った。

「自民党はとにかくだめだ、一度民主党に政権を任せてみようじゃないか」というメッセージ性を感じた。

子ども手当てや高速道路無料、暫定税率廃止、これらを大きくうたうが、その財源はどうするつもりなのか?。
聞けば埋蔵金があるとのこと。財政の無駄を省けば大丈夫、財源はあるんです!どこまで信じていいのだろうか?

小沢氏の献金問題は特に問題になることはなく、鳩山氏の「日本列島は日本人だけの所有物じゃない」という発言も特に取り上げられることもなかった。

盆休み明けから選挙直前の期間に特に感じたことは「政権交代」という言葉。
民主党からの言葉は、いつしか「政策」ではなく「政権交代」の事ばかりになっていた。
「政権交代しかないんです!」と。

元々自民党支持者ではないけれど、どんどん話しが表面的になってきていると感じていた。
麻生氏は「政治はばくちじゃない。ちょっとやらせてみようか、というのは違う話だ。」と。
しかし、国民がばくちにでなければならない状況にまでもっていったのは自民党である。麻生氏の実績もそんな聞かないし。

とにかく報道で感じたことは、感情論が多いということ。
朝のニュースやワイドショーならまだしも、まともであろう報道番組までもが表面上の話ししかしない。
もっと客観的に判断するための平等に正しく分析した結果を知りたかったのだが、その情報が得られないと、すごく感じた。
直前までどこに入れるかを悩んでいた。
「民主党に風が吹いている」という報道を聞きながら、それを起こしているのは自分達でしょうに。そう思っていた。


検索ワード:マスコミ 偏向報道

7.広島平和記念式典<  >9.麻生氏の実績


人気ブログランキングへ
↑日本の事をちゃんと見るために、クリックをお願いします

領土問題から竹島が消える?

文部科学省は25日(2009/12/25)、高校の地理歴史の新学習指導要領解説書を公表した。領土問題についての記述で竹島(島根県)を明記せず、昨年、初めて竹島を領土問題として盛り込んだ中学校の指導要領解説書より後退した。
高校学習指導要領解説書から「竹島」の記述消える 中学解説書から後退(産経ニュース:2009/12/25)) 

なぜ!?

韓国により不法占拠されている竹島を、領土問題の記述から消すとは理解できない。
韓国への配慮があるとかないとかそういう議論ではなく、「領土問題としてどう考えているのか」がストレートに出ていると思う。

「日本列島は日本人だけのものではない」 と日本国の総理大臣(当時は違うが)は発言しているし、これが日本国政府の領土に対する見解なのだろうか。

子供のために「子ども手当」というが、子供の為に本当に必要なのはお金じゃない。教育だ。
民主党の教育に対する姿勢を、少しでも知る必要性を感じてならない。

民主党の支持団体に日教組が存在している。日教組出身の民主党国会議員も多い。
テレビなどの表面上では決して見えない、真実を、どうやれば広めることができるのだろうか。

検索ワード:民主党 日教組 竹島問題


人気ブログランキングへ
↑日本の事をちゃんと見るために、クリックをお願いします

最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
要注意法案等Google検索
ブログランキング
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
プロフィール

chantomiru

Author:chantomiru

アクセスランキング
[ジャンルランキング] 政治・経済
1289位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング] 政治活動
566位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。