スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人気ブログランキングへ
↑日本の事をちゃんと見るために、クリックをお願いします

状況報告(2010/10/19)と報道の表現

(まだまだ)記事のアップができない日が続いております。

先日9月末までは今のような状態が続くと書きましたが、以前にも増して厳しくなってきています。まだしばらくは公開できないほどの状況が続くと思われます。

さて一言だけ。

------------------------------------
「何に抗議しているのかも全く分からないほど狂っていた」。一部が暴徒化した中国四川省綿陽市の大規模な反日デモから一夜明けた18日(2010/10/18)、住民が興奮気味に語った。市内は早朝から武装警察部隊が厳戒態勢を取るなど緊張感が漂い、事件の余韻を残していた。
17日(2010/10/17)午後7時ごろ、興奮した若者らが日本車を壊し始めた同市の綿興西路。その様子を見ていたという男性は「彼らはスローガンなんてどうでもいい感じ。興奮していた。(デモ隊に)近づくのも怖かった」と振り返った。
------------------------------------
反日デモの若者は「狂っていた」と四川の住民 朝から武装警察が厳戒(産経ニュース:2010/10/18))

------------------------------------
中国の大規模反日デモは18日(2010/10/18)で3日連続の発生となったが、なんと成都市のデモでは「収回琉球、解放沖縄」と大書した赤い横断幕が登場した。「琉球を取り戻し、沖縄を解放しよう」との意味で、かつて中国の属国だった琉球を独立させ、沖縄本島を支配下に組み入れようというのだ。その下地になっているのが、菅直人首相(64)が昨年9月(2009/9)に行った「沖縄は独立すればいい」との売国発言。中国のネット上では「菅氏はいいことを言う」ともちきりだ。(夕刊フジ)
こうした中、問題のスローガンが登場したのは、「イトーヨーカドー」など市内の日系店舗が破壊された成都のデモ
------------------------------------
「琉球取り戻せ」 菅首相“沖縄独立”発言を中国ネット絶賛(産経ニュース:2010/10/19))

------------------------------------
現在問題となっている尖閣諸島問題に対して渋谷で2600人がデモ行進を行ったのはご存じだろうか。このことは日本よりも海外のメディアが大々的に報じておりなんと日本の地上波テレビニュースやそのほかメディアでは全く取り上げられていない。
CNNのサイトでは「China accused of invading disputed islands」という見出しで取り上げており、写真も掲載されている。日本では希にみる大規模デモ。最近では外国人参政権反対デモなどが記憶に新しいだろうか。
------------------------------------
ガジェット通信「尖閣渋谷2600人デモ」海外メディアは大々的に報道するも日本のマスコミは華麗にスルー

------------------------------------
10/16(2010/10/16)には日本でも5000人規模の反中デモが行われました。(これは中国の反日暴動とは対照的に、一切の暴力も混乱もなく、中国大使館のポストへ抗議の書簡を投函して終えるという、極めて紳士的に行われた日本人らしいデモでした)このような政治問題で日本人が外国の大使館へ抗議を数千人規模で行うというのは極めて異例です。それにもかかわらず、これをちゃんと報道したマスコミはほとんどありませんでした。わずかにネット記事としていくつかの新聞社が申し訳程度に載せただけであり、中国の反日暴動と並べて報道するようなマスコミは皆無でした。
------------------------------------
アジアの真実 - 中国の反日暴動を報道して日本の反中デモを黙殺したマスコミ ~未だ続く既存メディアの偏向報道~

デモ、デモというけれど、アジアの真実さんが言うように、中国の反日デモは暴動ではないか。同じことを日本が中国に対して行ったらどうなる?

なぜ破壊行為も含む中国の日本に対するをこうものんきに報道しているのか。政府も政府で、「冷静に」や「配慮を」などいっているのか。

こんな暴挙をどうして冷静に受け止める必要があるのか、次から次に問題を突きつける国にどんな配慮が必要なのか。
日本の主張はどこにある?

Google検索:中国反日 暴動


人気ブログランキングへ
↑日本の事をちゃんと見るために、クリックをお願いします

スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
要注意法案等Google検索
ブログランキング
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
プロフィール

chantomiru

Author:chantomiru

アクセスランキング
[ジャンルランキング] 政治・経済
1380位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング] 政治活動
606位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。