スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人気ブログランキングへ
↑日本の事をちゃんと見るために、クリックをお願いします

韓国、竹島不法占拠を強化

------------------------
 わが国固有の領土にもかかわらず、韓国が不法占拠を続けている竹島(韓国名・独島)について、日本で竹島を明記した学習指導要領に基づく中学教科書の検定結果が発表されるのに合わせ、韓国側が竹島に設置したヘリポートの大規模改修や海洋基地の建設など、「独島領土管理事業」を進める方針を発表することが29日(2011/3/29)、分かった。
 親日ムードが高まっていたが、教科書検定発表を前に金星煥・外交通商相が「支援運動と教科書問題は別。独島問題についてはふさわしい対応をする」と明言。対抗措置をとる方針を示していた。
------------------------
韓国、竹島不法占拠を強化へ 「震災支援とは別」日本の教科書検定へ対抗(産経ニュース:2011/3/30))

今まで以上にやり方がひどい。今回の大規模改修は明らかに日本の動きへの報復カード、声無き恫喝といえるのではないか。
記事にもあるように、わざわざ「日本の中学教科書の検定結果が発表されるのに合わせ」るからだ。
どちらにしても実行に出ることは疑いようがないが、それをあえてこの結果の発表に合わせる所が醜い。

仮に、竹島を教科書から記載を外したとしても韓国は「当然だ」と言い、正当性をもって方針を発表するだろう。
竹島を記載した教科書が検定に通ることで、「明らかなる歴史湾曲だ」と言い、日本への対抗的に方針を発表するだろう。

つまり、日本がどう出ても結果は同じなのだ。
同じだからこそ、日本の正当性を韓国に伝えるとともに、世界に正しい情報を発信する必要がある。
不法占拠しているのは明らかに韓国なのだ。


本ブログの過去記事です。ぜひご覧ください。
  • 死傷者があっても竹島でいいなりの日本(2010/2/18)
  • このままでは竹島は完全に乗っ取られる(2009/12/31)

    • 過去記事にも書いていますが、
      竹島は、1905年に島根県隠岐島司の所管の竹島として閣議決定されています。1952年、韓国は国際法を無視した李承晩ラインを一方的に設置し、竹島を韓国領土だと主張して占領し今に至っています。1965年李承晩ラインが廃止されるまで、韓国軍による日本漁船の拿捕が続き、それまでに抑留者数・拿捕された船の数および死傷者数は以下の通りです。
      • 抑留者数:3929人
      • 拿捕された船の数:328隻
      • 死傷者数:44人
      さらに韓国は、この抑留者(最大13年)を人質として利用し、日本政府は彼らを返してもらうために、日本の刑務所内の在日朝鮮人472人の犯罪者を仮釈放し特別在留許可を与えています。
      1965年「日韓法的地位協定」を締結し、これによって、在日はその子孫にまで永住許可を得ることとなる(協定永住)っています。1991年には「日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法」(入管特例法)が定められ、すべての在日が特別永住者として認められています。

      竹島を占拠され、44名の死傷者を出し、これだけの人が抑留され、それをネタに釈放に在留許可。その後、在日の永住許可(しかも子孫にまで!)が与えられています。
      永住許可といっても、あらゆる保護、保障のついた、日本人ではありえない特権があることは言うに及ばずです。

      国家間でこのようなことが起きている。しかも、ほんの数十年前の話です。
      だけど、これがテレビなどで放送されることはない、批判することもない。
      マスコミは沈黙を続け、国民(日本国民)へ知らせるという行為を行わない。
      「知らせない」という行為を継続実施していると見たほうが良いのかもしれない。
      その傍らで日韓友好をいい続け、明らかに韓国びいきな報道が行われていることからもわかります。

      私たち日本人は、知らない事が多すぎる。そして知らないということを知らないのです。
      「無知の知」昔の言葉は、ほんとよくできていると思います。

      私たちは『何も知らない、知らされていない。そして、知る環境を失っている』ということをまず知り、日本を批判することがあれば、それが本当であるかを知っておく必要がある。でないと正しい判断ができないからだ。
      竹島の歴史を少しでも良いので覗いてみよう。

      Google検索:竹島の真実
      Google検索:竹島 占領


      人気ブログランキングへ
      ↑日本の事をちゃんと見るために、クリックをお願いします

      スポンサーサイト

恐ろしい外国人住民基本法

仰天の記事を見たので紹介します。
まさか、右翼と呼ばないで! - どさくさに紛れて外国人参政権提出!!!
-----------------------
いつの間に出したのだろう?社民党は衆議院でも外国人住民基本法の請願出していた
→ 阿部 知子「外国人住民基本法の制定に関する請願
-----------------------
え!?
と思い、以前提出されていた参議院の請願を確認してみると、あった。。「衆議院にも」と書かれていたので衆議院も見てみると、こちらもあった。
以下にリンクを張ります。

参議院
 >請願
  >第177回国会 法務委員会
   >外国人住民基本法の制定に関する請願
受理番号:197
紹介議員:福島 みずほ(社民)
受理年月日:H23.3.2
付託年月日:H23.3.11

衆議院
 >第177回国会 請願の一覧
  >請願名「外国人住民基本法の制定に関する請願」の情報
受理番号:314号
紹介議員一覧:阿部 知子

前は、第171回国会法務委員会の請願に「当時の民主党副代表 円(まどか)より子」参議院議員より提出されていました。
外国人住民基本法は、その名前からは想像もできないとんでもない法案内容になっています。
以前書いたブログはこちら→めまいがした。外国人住民基本法

作成した集団のサイトにある法案全文のPDFです。
PDFは(案)とあるので参議院に提出されたものと全く同じものかは判断できませんが、大筋は変わらないと思われます。法案(案)の全文によると次のような内容です。

・すべての外国人住民は、法律に関係なく滞在、居住の権利がある
・外国人住民で引き続き5年居住すれば申請により永住資格を付与
・外国人住民の子として国内で生まれた者は申請により永住資格を付与
・永住資格を持つ子孫は申請により永住資格を付与
・永住資格を持つ外国人住民は、いかなる理由によっても追放されない
・すべての外国人住民は、法律に関係なく日本国外に追放されない
・すべての外国人住民は、国内のどこでも居住可、国外に出ることも戻ることも自由
・すべての外国人住民は、宗教、風習の自由を侵害されない
・すべての外国人住民は、あらゆる権利を日本国民と等しく享有する

内容だけでも驚き(というかむちゃくちゃ)ですが、この法案を民主党、公明党、社民党、共産党が法案成立に向けて推進していることが知られていないことが最も問題だと思います。
この法案の成立の何が日本国民のためになるというのでしょうか?
日本国民への説明も全くない法案です。

政治への無関心が最も彼らの望むところです。
何を思ってこのような法案を提出するのか?
私には理解できない。

Google検索:外国人住民基本法
Google検索:民主党 真実
Google検索:民主党 支持母体


人気ブログランキングへ
↑日本の事をちゃんと見るために、クリックをお願いします

勇気と決意と

------------------------
 大きな揺れの後、津波の来襲と高台への避難をひたすら呼び掛け続けた。東日本大震災で、津波に押しつぶされた宮城県南三陸町で防災放送の担当職員だった遠藤未希さん(24)。いまだ安否が分からない。3階建ての防災対策庁舎は津波にのまれ、赤い鉄筋だけが無残に立ち尽くす。
 11日、未希さんは2階で放送していた。「6メートルの津波が来ます。避難してください」。冷静で聞き取りやすい呼び掛けが何度も繰り返された。海岸にいた両親にもその声は届いた。
 美恵子さんは「放送が途中で切れた」と知人に聞かされた。最後の方は声が震えていたという。「放送するのに精いっぱいで、逃げられなかったんだろうね。実際は怖かったと思う。
------------------------
命の限り叫び続けた 防災放送の女性職員、結婚式控え安否不明 母「頑張ったね」(産経ニュース:2011/3/29))

最後まで避難を呼びかけていた。。
この呼びかけが多くの命を救ったことはほんと間違いないと思います。

そして、最近読んだとあるブログを思い出しました。
こちらのブログです。長文ですがぜひ目を通してほしいと思います。
ねずきちの ひとりごと - 真岡郵便電信局事件と九人の乙女たち

私たち日本人は、自分たちのことなのに知らない事がほんと多い。
戦争についてとなると、論理的な話は一切なくなり、戦争はいけない。戦争はいけない。アジアを侵略した。悪いことをした。のオンパレード。
どれだけ日本がまじめに外国と付き合おうと努力してきたか、どれだけ我慢と調整をしてきたか、どれだけ知恵を絞って堂々と主張と行動を行ってきたか。
私たちは国際的に残っている「事実」と向き合っていない。

私が最近知ったことで衝撃的であったのは、白人の有色人種差別と植民地化が世界的に進む中、第一次大戦後パリ講和会議で日本が「人種的差別撤廃提案」を出したという事実です。
本当の日本の歴史 - 大東亜戦争とは 1 「人種差別撤廃法案」
一燈照隅 - 人種差別撤廃を主張した日本
まさか、右翼と呼ばないで! - 国際連盟ー人種差別撤廃条項について

このブログを立ち上げて、いろいろな場面で、考えようとか、調べようとか書いてきました。だけどそんな大げさなものじゃない。
まずは検索してみよう。

Google検索:氷雪の門 映画
Google検索:人種差別 日本


人気ブログランキングへ
↑日本の事をちゃんと見るために、クリックをお願いします

最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
要注意法案等Google検索
ブログランキング
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
プロフィール

chantomiru

Author:chantomiru

アクセスランキング
[ジャンルランキング] 政治・経済
1380位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング] 政治活動
606位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。