スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人気ブログランキングへ
↑日本の事をちゃんと見るために、クリックをお願いします

日本の国境、正解は2%..!?

------------------------------
 青年経済人や若手経営者が加盟する「日本青年会議所(日本JC)」が全国の高校生約400人に地図を示して日本の国境を描かせる調査を行ったところ、正解できた生徒は全体の2%にも満たなかったことがわかった。わが国の領土をめぐる不穏な出来事が相次ぎ、国民の不安は高まっているが日本JCでは、大半の高校生が国家の形すら正確に描けていない調査結果を深刻に受け止めている。
 調査は今年7月(2011年7月)上旬から日本JCの主権国家確立委員会が行った。有効回答数は400人。
 全問正解者はわずか7人(1・8%)だった。自信満々に答えた生徒は少なく、択捉島や与那国島がわからない生徒や竹島と鬱陵(ウルルン)島を取り違える生徒が続出し、「習っていません」と答えた生徒も目立った-という。
日本の国境調査地図

------------------------------
日本の国境はどこ? 正解わずか2% JC、高校生400人調査(産経ニュース:2011/7/31))

正解者は2%。まず、驚いた。
でも、日本の事をちゃんと見ようと思う前の自分自身は正解できていた?尖閣諸島あたり自信はなかっただろう。
いやいや、それでも自分の国の国境でこの正解率はあまりに少ないぞ。超難問級ではないか。

しかし、記事にも書かれている通り「大人がきちんと教えてこなかった」とある。正にその通りで教わった覚えは、ない。
それに日本地図を見ても、沖縄や、小笠原諸島、沖ノ鳥島などの離島は地図の端っこに別枠で記載されている。
ここが日本の領土ですと1枚で俯瞰できる地図がないのです。
書店で売られている日本全図という大きい地図でさえ別枠記載となっているのです。

探してもなかなかないもので、そんなだからわからないのも当然と言えます。

今は1枚入手し部屋に貼ってあります(2010年1月購入)。
日本は領海も含めると実に広いことがわかります。別枠なしの1枚で見ないとほんと全容としてはわかりません。

北方領土、竹島、尖閣諸島、今こそしっかり理解したい。まずは場所から。
そしてこの調査、この結果を受けて大人をターゲットに実施してほしい。

リンク:土屋たかゆき氏HP - 真正日本全図のご紹介
    (左メニューの「真正日本全図のご紹介」をクリック)
Google検索:日本の領土


人気ブログランキングへ
↑日本の事をちゃんと見るために、クリックをお願いします

スポンサーサイト

自民議員、鬱陵島の視察を計画通り実施へ

--------------------
 竹島近くの韓国・鬱陵(ウルルン)島の視察を計画している自民党の新藤義孝衆院議員ら4議員は29日(2011/7/29)、予定通り(2011年)8月1~4日に訪韓することを決めた。ただ、韓国側は同日、入国拒否を日本政府に通告した
 一方、韓国外交通商省の金在信次官補は29日、武藤正敏駐韓日本大使を呼び、身辺の安全確保が困難なことや「2国間関係に与える否定的な影響」を理由に視察団の入国は認めないと伝えた。武藤大使は「受け入れられない」と抗議し、再考を求めた。韓国政府は出入国管理法の規定に基づき、入国禁止措置は可能との見解を示している。
--------------------
自民4議員の鬱陵島視察 予定通り実施へ 韓国は入国拒否方針を伝達(産経ニュース:2011/7/30))

予定通り自民党議員が韓国・鬱陵(ウルルン)島の視察を決めたとの事。
民主党政権になってから、韓国のみならず、日本はろくに意見も主張もせず常に頭を下げ続けてきた。
これは最近の国会議員活動の中では画期的なことではないだろうか。

韓国は入国拒否を日本政府に通告したとの事だが、目的は視察である。
4議員が入国後に問題行動を起こすことはまず考えられないし、それで入国自体を拒むことは国際社会上できるか?

身辺の安全確保が困難?隣国の国会議員が視察で入国するのだから受け入れ側の警察が面子をかけて安全を確保しなければならない。
「身辺の安全確保が困難」など言う方が恥ずかしく、無責任ではないだろうか。

もうひとつ、2国間関係に与える否定的な影響?いつも「2国間」などという言葉を使うが、2国間に否定的なことを発しているのは
いつも韓国側からではなかろうか。都合よく(2国間と)日本を引き合いに出さないでほしい。

この鬱陵島視察について、今日(2011/7/30)ニュースなどはどのように報道するだろうか。(今は午前2時過ぎ)
「韓国側が拒否を示しているのに視察を強行する自民党議員」のようになるのか??

竹島については前回記事にアップした通りです。
なぜここまでして行こうとしているのか。この4議員について良いだの悪いだのそんな表面的な批評はせず、ぜひ竹島の韓国不法占拠について、過去の悲惨な事実について、まずそこを説明してほしい。

この4議員は今、私たちの代わりに勇気と決意を持って日本のために真剣に活動していることだけは理解したい。

リンク:死傷者があっても竹島でいいなりの日本
リンク:もの言わぬ日本政府、言われたい放題
リンク:韓国、竹島不法占拠を強化
リンク:民主党、驚きの祝日法改正方針
リンク:国旗への侮辱をどう感じるか
リンク:これが民主党の姿なのですね(尖閣諸島式典無視)
リンク:特例もここまでくると何でもありだ
リンク:600人超の大訪中団
リンク:民主党集会の民主党旗
リンク:どこまで戦後を引きずりたいのか?
リンク:国民挙げて喜びの中でお迎え?


人気ブログランキングへ
↑日本の事をちゃんと見るために、クリックをお願いします

韓国、自民議員の入国不許可表明

------------------------------
 【ソウル=加藤達也】自民党の国会議員4人が8月(2011/8)初め、韓国の鬱陵(ウルルン)島を視察する計画をめぐり、韓国政府は29日、入国を認めない方針を明らかにした。正式な決定手続きを経て日本政府に通知するとしている。
 日本の議員団は8月1日、金浦空港着の便で韓国に入ってソウル市内で韓国側識者らと意見交換するなどし、2日から鬱陵島を訪問。竹島(韓国名・独島)に関する資料を展示した資料館などを見学する予定。韓国側は金浦空港の入国審査で入国を不許可とする方向で検討しているという。
 議員団の視察計画をめぐっては、李明博大統領が26日、「身辺の安全上の憂慮がある」と日本側に通知するよう外交通商省に指示。韓国政府は出入国管理法の規定に基づき、入国禁止措置は可能との見解を示している。
------------------------------
韓国側「入国不許可」の方針 自民議員の鬱陵島視察(産経ニュース:2011/7/29)

入国不許可、すごいですね。
この強固な姿勢はある意味日本も見習わないといけないです。

竹島へ行くではないのですよ。

というかその前に、竹島は本当に日本の領土であり、韓国が不法占拠しているにも関わらず、こういう事を公式に発表しているというのがまず異常なのです。
そして、李明博大統領が26日(2011/7/26)、「身辺の安全上の憂慮がある」と日本側に通知するよう外交通商省に指示って、どういう指示ですか!

訪問が問題であると認識しているにしても、その訪問に苦言を言いつつも、それでも「安全は確保する」と宣言するのが(我々日本人としては)普通の発想ではないでしょうか。
一国の大統領がこのような事を言っている。

1952年、韓国は国際法を無視した李承晩ラインを一方的に設置し、竹島を韓国領土だと主張して占領し、李承晩ライン内にある竹島を韓国領土だと主張して占領しました。
1965年李承晩ラインが廃止されるまで、韓国軍による日本漁船の拿捕が続き、それまでに抑留者数・拿捕された船の数および死傷者数は以下の通りなのです。
  • 抑留者数:3929人
  • 拿捕された船の数:328隻
  • 死傷者数:44人
時折り「日韓両国が互いに自国の領土と主張している竹島」という記載を見かけますが、上記のように全く違います。
そこから理解しないと、というか、まず知らないと。

日韓友好でもいいけど、知る事は知っておこう。
私たち日本人は、知らない(知らされていない)事が多すぎる。


カテゴリ:領土問題

リンク:日本と韓国、竹島問題の基礎知識
リンク:竹島の真実 - 【竹島問題】李ラインと韓国の非道
リンク:朝鮮歴史館 - 在日の永住資格は、韓国政府が日本人を拉致し人質に取って、解放を条件に与えられた

Google検索:韓国 竹島 占領


人気ブログランキングへ
↑日本の事をちゃんと見るために、クリックをお願いします

最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
要注意法案等Google検索
ブログランキング
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
プロフィール

chantomiru

Author:chantomiru

アクセスランキング
[ジャンルランキング] 政治・経済
1380位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング] 政治活動
606位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。