スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人気ブログランキングへ
↑日本の事をちゃんと見るために、クリックをお願いします

表面的な感情論でなく真実の検証を(南京事件)

------------------------------
 23日(2012/2/23)付の中国紙、環球時報は、名古屋市の河村たかし市長による「南京大虐殺」否定発言を受け、同市長の中国入国を禁止する「個人制裁」や、名古屋市への観光旅行を取りやめるなどの圧力を加えるべきだとの社説を掲載した。
 社説は、河村市長が南京市の訪問団に直接、大虐殺を否定したことは「史実と外交儀礼に反し、中国社会を激怒させた」と指摘。日本政府も南京大虐殺は認めており、河村市長の考え方は日本でも「極右」に属するとし、個人制裁などで「市長を謝罪や辞職に追い込むことは可能だ」と強調した。
------------------------------
河村名古屋市長に個人制裁を 中国紙社説 「極右」に属する(産経ニュース:2012/2/23))

表面的なことと、感情面での話しかニュースなどでは流れない。
日本政府が、「植民地支配と侵略を謝罪した村山談話を政府が踏襲している。」と言っていることも問題であるが、感情論は抜きにしてきっちり事実に基づいて検証したらいい。

『「日本は悪かった」でスタートし「日本は悪かった」で終わる』結論ありきで実施する検証はもうたくさんだ。
真実の追究に、(中国側への)配慮などは必要ない。

Google検索:南京事件 真実
Google検索:村山談話
リンク:国民が知らない反日の実態 - 南京大虐殺の正体
リンク:せと弘幸Blog『日本よ何処へ』 - 河村たかし名古屋市長の勇気ある発言


人気ブログランキングへ
↑日本の事をちゃんと見るために、クリックをお願いします

スポンサーサイト

本日竹島の日(2月22日)

------------------------------
 「竹島の日」の22日(2012/2/22)、島根県主催の記念式典に招待された閣僚ら政府関係者7人全員が欠席することが21日分かった。藤村修官房長官は記者会見で「国会日程」を欠席理由に挙げたが、代理さえも派遣しない方針という。韓国に不法占拠される竹島の領土権確立を目指し、島根県が「竹島の日」を制定したのは平成17年。今回で7回目の式典となるが、政府関係者はまだ誰も出席していない。
 招待されたのは藤村氏、玄葉光一郎外相、鹿野道彦農水相、平野博文文部科学相の閣僚4人と、佐藤正典水産庁長官ら官僚3人。藤村氏は記者会見で「領土問題はオールジャパンで解決に当たる」と述べ、外交的配慮による欠席ではないと強調した。
------------------------------
「竹島の日」の式典、閣僚・民主役員の出席ゼロ(産経ニュース:2012/2/22))

本日、2月22日は竹島の日です。

「外交的配慮による欠席ではないと強調」とありますが、そこは協調しなくてもいいので、代理を送ればよいではないですか。

韓国は、実効支配し、あの手この手で竹島は韓国領だと。世界へ発信していますが、日本はニュースにもならない状態です。
竹島がどこにあるかも知らない人は多いのではと思います。

竹島について、知るところから。

本当にやられっぱなしの言われっぱなし、それでもなお責められてる今の状況。。

私たち日本人は、自分たちの領土で無いところを本気で自国領だ、なんて言わないですよね。普通に考えて。
何があったか、ちょっと、知ってみよう。
この違和感(?)、閉塞感(?)を打開する何かのきっかけになると思います。日本国旗


カテゴリ:領土問題(竹島)
リンク:島根県・Web竹島問題研究所

Wikipedea:Wikipedea - 竹島の日
Google検索:竹島 不法占拠
Google検索:竹島 拿捕 殺害


人気ブログランキングへ
↑日本の事をちゃんと見るために、クリックをお願いします

建国記念の日奉祝行事

2/11(土)に建国記念の日奉祝行事へ行ってきます。

存在を知ったのは街で見かけたこのポスターです。
建国を祝う集い

「はやぶさ」につられて、ではありますが、川口淳一郎教授の考え方もとても勉強になると思います。
このポスターから「日本会議」なる存在を知りました。
いろいろな行事が行われているのですね。

最近つくづく思います。仕事でも、趣味でも、勉強でも何でもそうですが、知識や技術だけでうまく回るという事はありません。立ち行かなくなることもある。どんな事でもどんなときでも最後に必要となるのは、考え方、思想、歴史だと思います。


人気ブログランキングへ
↑日本の事をちゃんと見るために、クリックをお願いします

最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
要注意法案等Google検索
ブログランキング
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
プロフィール

chantomiru

Author:chantomiru

アクセスランキング
[ジャンルランキング] 政治・経済
1380位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング] 政治活動
606位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。