スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人気ブログランキングへ
↑日本の事をちゃんと見るために、クリックをお願いします

東京都尖閣諸島寄附金

遅ればせながら、本日『東京都尖閣諸島寄附金』に振り込みを行いました。サイトはこちら→東京都尖閣諸島寄附金について

以下東京都のサイトより抜粋です。昨日(5/28)の時点で9億円超。もうすぐ10億円に達しそうです。

件数総額
67,919 件969,217,960 円

平成24年5月29日入金確認分まで


少しでも役に立てれば...。一人ひとりの額は少額であっても、大勢の気持ちは、単なる金額以上の意味があると思います。
みずほ銀行本店での振り込み以外は手数料がかかりますが、気持ちを行動で表す事ができる一つの機会でもあります。

尖閣を守りたいと思っている方、財布が痛まない程度でも寄付してみませんか。既に6万人を超える仲間がいます。

WikiPedia:尖閣諸島
Google画像検索:尖閣諸島


人気ブログランキングへ
↑日本の事をちゃんと見るために、クリックをお願いします

スポンサーサイト

惑わされない。問題点をちゃんと見る

------------------------------
 先週末のテレビではお笑いコンビ「次長課長」の河本準一の顔が、いやというほど流れていた。母親の生活保護受給問題で、虚偽申告など不正はなかったものの一定の高収入を得るようになった後も受給が続いた。同様のケースは掃いて捨てるほどあるだろう。河本は人気芸人ゆえに、1人袋だたきにされた感じだ。

 片山発言は生活保護の実態に目を向けさせたが、元々政治が悪いからこうなったのではないか。不正受給が増えたのは自民党政権時代からという。失政を棚に上げ“飛んで火に入る…”とばかりの個人批判は、選挙近しの“点数稼ぎ”と指摘されても仕方ない。
------------------------------
河本責められても仕方ないが…個人批判は選挙近しの“点数稼ぎ”?(産経ニュース:2012/5/28))

今回の件の片山さんの発言、行動の何が問題なのだろうか。

元々政治が悪いから。そうかもしれないが、では何もしなくていいのか?
右肩上がりの生活保護費、そして不正受給の増加、生活保護者の収入と比較した、年金生活者、バイト生活の収入のアンバランス。
「自民党政権時代からそうであった」つまり「過去がそうであるから意見できない」など(普通に)あってはならないと思います。
「自分のことは棚に上げて何をいっているのだ!?」もちろんそうだけど、この件について、ストレートでわかりやすく、変に取り上げる必要もなく(普通に)正しいことに見えるのです。私には。

自分の納めている税金を生活保護に使ってほしくない。と言っているのではありません。本当に必要な人に使ってほしい。また生活保護者もがんばってほしい。

今回のこの記事のような責め方が通るのであれば、今の隣国や、民主党の「棚に上げての発言、行動」をもっとストレートに報道してほしい。

Wikipedia:生活保護
Google検索:生活保護と年金
Google検索:生活保護と最低賃金


人気ブログランキングへ
↑日本の事をちゃんと見るために、クリックをお願いします

疑問・違和感を解く糸口になるおすすめ本

今回は、最近読んだ本を2冊紹介したいと思います。

先日、大型書店でたまたま目に止まり購入した本です。
洗脳広告代理店・電通」(Amazonはこちら

これは、テレビを見る人(ほぼ全日本国民)は一度目を通しておく必要があると思います。見ないという人も、改めてテレビや世の中の仕組みを知るためにお勧めします。
立ち読みし、引き込まれ、買って読まねばなるまいと、購入したものです。

当然ですが、企業は存続し続けることは必須で、利益を追求していく使命があります。マスコミも、テレビ局も然りです。当たり前のことと、今の現実。とてもわかりやすく書かれています。読んでいてめまいがしそうになるようなところもあるかもしれません。しかし、冷静に読み、考えることで、自身に入ってくるあらゆる情報に対する考え方がきっと変わります。新たな意識が芽生えるはずです。

それに刺激を受け、以前より存在は知っていたけども読んだことのなかった本を知人より貸りて読みました。
嫌韓流」というマンガです。(Amazonはこちら

2005年の本です。今なお続く(とされている)韓国ブームなどから、韓国が好きな人には嫌なタイトルかもしれませんが、韓国が好きなら、そうであるなら逆にぜひ一読願いたい。もちろん、日本に対する韓国の民間・政治などの攻撃的動きと日本メディアの親韓、擁護的報道のギャップに違和感を感じている人も、読んでほしい。

ぜひ、読んでほしいと思います。斜め読みでも立ち読みでも!

読めば読むほど、ちまたの情報がどれだけ真逆であるかがわかります。
私も、それに気づき調べ始めて3年になりますが、やっと冷静にこれら書かれている内容の方が真実として認識できるようになりました。(何も知らなかった私が目を覚ますきっかけと、その過程はこちら

「ん?」と感じたその一言、その単語。これをインターネットの検索でそのまま打って検索してみるところから、思い切り広がります。
インターネットにはウソの情報が多くどれが真実かわからない?そう思っている人。大丈夫です。私たち日本人は、過去の文献、事実、数字から感情にとらわれることなく正しい情報をしっかり見て取れる力があります。
マスコミなどのフィルタを通った情報と比べると、ストレートでとてもわかりやすいものです。

検索は、軽い気持ちでこんな感じでいけますよ。

Google検索:日韓併合 真実
Gooele検索:併合前の韓国
Google検索:併合前 韓国識字率
Google検索:私は日韓併合の歴史を100%正当化するつもりはない

リンク:朝鮮人を飢餓と内乱から救った、大日本帝国


人気ブログランキングへ
↑日本の事をちゃんと見るために、クリックをお願いします

最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
要注意法案等Google検索
ブログランキング
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
プロフィール

chantomiru

Author:chantomiru

アクセスランキング
[ジャンルランキング] 政治・経済
1289位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング] 政治活動
566位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。