スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人気ブログランキングへ
↑日本の事をちゃんと見るために、クリックをお願いします

人権救済法案を閣議決定って!?

------------------------------
 政府は19日(2012/9/19)、新たな人権侵害救済機関「人権委員会」を法務省の外局に新設する人権救済機関設置法案(人権救済法案)を閣議決定した。
 閣議決定に際し、慎重派の松原仁国家公安委員長は海外出張のため不在。野田佳彦首相側近も「慎重な閣僚がいないから(閣議決定しても)いいじゃないか」と言明するように、民主党のマニフェスト事項に加え、衆院解散・総選挙をにらみ、支持基盤である人権団体へのアピールを急いだ格好だ。
------------------------------
人権救済法案を閣議決定 解散にらみ“実績作り” 人権団体へのアピール急ぐ(産経ニュース:2012/9/19))

つい先日(2012/9/14)今国会提出を断念したかと思ったら、閣議決定!?

だいたいいつもこうなんだ。
大きなニュース、事件などがあって、マスコミが1局集中的に何かを取り上げているとき、裏では何かが動いている。こそっと。
さらに、慎重な閣僚がいない時にってなんて姑息な!
三権分立をも脅かしかねない強烈な法案です。慎重な閣僚ともしっかり議論せず、いない間にってなんだ?

ここ最近の中国、韓国の日本に対する感情の異常さには、多くに人が気づいてきていると思います。そして、それは反日教育により、国民にも大きな影響を与えています。
平たく言うと、反日感情をもった人たちの強烈な行動に対応すると、人権侵害だと訴えられる。そんな意味不明なことが起こりうる法案です。

今の中国人の暴動と、もはや理解できない主張。を見ているとわかると思います。まともに話し合いなどできない人たちだと。

人権団体へのアピール急ぐのではなく、まずこの法案が何かを日本国民に説明してくれ!


リンク:国民が知らない反日の実態 - 人権擁護法案の正体
Google検索:人権侵害救済法案
Google検索:人権侵害救済法案 真実


人気ブログランキングへ
↑日本の事をちゃんと見るために、クリックをお願いします

スポンサーサイト

冷静すぎるマスコミの報道

私たち日本に敵意むき出しで破壊、略奪行為を繰り返す中国人。

テレビでもこの暴動については取り上げられているが、普通のニュースの一角で、他のニュースとそんな変わらない。

感情的に対処する事はもちろんよくないが、それにしてもテレビ報道はあまりに冷静すぎないか?

尖閣諸島の日本編入の正当性や、その歴史、中国がどのタイミングで自国領だと言い始めたかなど、特番組まないの?中国への対応について総理に食いつかないの?

まるで他人事のように感じてしまうのは私だけ?

Google検索:日本のマスコミ
Google検索:マスコミ 真実


人気ブログランキングへ
↑日本の事をちゃんと見るために、クリックをお願いします

破壊や暴力、そんな卑劣な脅しに屈するな

破壊、略奪、暴力
国と国との間で、たとえ納得がいかないことがあっても、民間レベルでこの暴動は全く異常としか言いようがない。

日本で同様のことがあったとして、中国に関する建物を破壊しようとか、まして中国人を見つけて暴力を振るおうとは、私たち日本人は思いません。外交に関しては政府、つまり日本政府へ不満が向くはずです。この中国め!と思っても、矛先は日本の対応としての代表となる日本政府です。
だって、日本にある中国企業を襲撃しても、1中国人に暴力をふるってもどうかなるというものではないから。

まして、尖閣諸島は正に日本の領土です。
子供のけんかレベル以下のようないちゃもんを勝手につけられて、こんな被害やこんな危険な状態って。。

中国に進出している日本企業は、きっと日本人以上に中国人には気を使い、法令も遵守し、差別なども無く対応をしていると思います。しかし、ひとたび何かが起きれば、破壊、略奪、暴力。何があっても自分たちの考えが正しい。。昔と何も変わってないんですよ。

日本が明治以降中国で本当にひどいことをしていたと思いますか?先に記載した青字の部分。日本人のとして考えるようなこの根底のような思いが、2,3世代前だけは別で狂気のような日本軍であったと本当に思いますか?教科書がとかそういった問題ではなく、日本人である私たちが自分自身で考えたとして、本当にそうだったと、思えますか?

尖閣諸島は、日本政府が1895年にいずれの国にも属していないことを確認したうえで尖閣諸島を沖縄県に編入しています。
そして、1968年の海底調査の結果、尖閣諸島周辺に石油資源が埋蔵されていることがほぼ確実とわかり、1971年から中国領有権を主張してきています。その埋蔵量は、世界第2の産油国イラクと同程度という調査結果が出ています。
中国が尖閣を維持でも自分たちのものにしたい理由がここにあります。


勝手に領土問題化されているわけですが、日本側もあたらずさわらずで何十年も放置してきたツケが今ここに出ています。
二国間の問題について、当然ですがどこの国も助けてなどくれません。二国間で解決してね。そして自分たちの国に影響はないようにしてくれよ。です。

今までのような、遠慮、配慮は一切不要です。日本はどうなのかこれを中国に向けるだけです。
破壊、略奪、暴力。相手、しかも民間人(といわれている人たち)がむちゃくちゃであっても、外交としては引いちゃいけない。一歩でも引く姿勢を見せれば相手の思うつぼ、さらに勢いを増すことは目に見えています。
それを制御、制圧できない、しないのだから、中国政府も同レベルです。

暴れたもん勝ちなんてありえない。

Google検索:中国が尖閣を欲しい理由
Wikipedia:尖閣諸島問題


人気ブログランキングへ
↑日本の事をちゃんと見るために、クリックをお願いします

最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
要注意法案等Google検索
ブログランキング
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
プロフィール

chantomiru

Author:chantomiru

アクセスランキング
[ジャンルランキング] 政治・経済
1289位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング] 政治活動
566位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。