スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人気ブログランキングへ
↑日本の事をちゃんと見るために、クリックをお願いします

山中教授のノーベル賞と民主党の姿勢

山中教授、ノーベル賞受賞おめでとうございます。
そして、「日本という国に支えていただいて、日の丸のご支援がなければ、この素晴らしい受賞はなかったと心の底から思った。まさに日本という国が受賞した賞だと感じている」日本国旗

すばらしい心温まる言葉をありがとうございます。
皆が支え合う日本。こういった受賞された方からこういった言葉が出るというのは、本当にうれしいし、ありがたいし、日本人がひとつになれる。向かう。ほんと素晴らしい言葉だと思います。
(この素晴らしい言葉を報道ステーションはカットして放送したって本当?)

そして、訳のわからないこちらの発言に関する記事。。
------------------------------
 山中伸弥京都大教授のノーベル医学生理学賞受賞決定について、田中真紀子文部科学相は9日(2012/10/9)、閣議後の会見で「研究環境の整備や予算など、研究支援に一層努力していきたい」と述べた。
 前原誠司国家戦略担当相は「受賞を契機に若い人たちが科学技術に関心を抱き、科学技術活動全体の裾野が広がることを期待している」と述べた。前原氏は同日朝、電話で山中教授にお祝いの言葉を伝え「政策面でバックアップしていかないといけないので、アドバイスをしてほしい」と要請したという。「科学技術の伸ばすべき分野にはしっかりとお金を入れていかないといけない」と強調した。
------------------------------
「資金で苦労、とうかがっている」 田中文科相、研究支援に努力(産経ニュース:2012/10/09))

これだけみると、そうだよね。と思うだけかもだけど、やっぱりそうじゃなかった。というか・・・。

民主党はあの事業仕分けで「戦略的創造研究推進事業」(iPS細胞研究の草創期を支えた事業)を削減対象としていたのです。(麻生政権時代は、関連研究を含むiPS細胞研究について平成21年度補正予算で100億円の予算をつけています)
そして、山中伸弥教授は当時iPS細胞の特許に関する会見で「研究費を減らし、若い研究者や学生から希望を奪わないようにしてほしい」と訴えています。
リンク:再生医療が描く未来 -iPS細胞とES細胞- - 京大・山中教授「希望奪わないで」事業仕分けの科学予算削減で

それがそれが、ノーベル賞を受賞し世間の賞賛の目が山中教授に向いた瞬間に、田中真紀子文部科学相は「資金で苦労しているとうかがっているので、クリアできるよう応援できるといい。初めて3年前に京都大の研究現場を見た時、国家をあげて協力していけば、世界の人類の幸せに結び付くと実感した」と。
なぜ3年前の事業仕分けの対象から外そうととしなかったのか?

当時内閣にいた、前原誠司国家戦略担当相は「科学技術の伸ばすべき分野にはしっかりとお金を入れていかないといけない」と強調したって。。

この、手のひらを返したようなこの堂々たる発言はなんだ!?

ほんといつものことではあるが、民主党の対応とマスコミの連携(?)に嫌気がさしています。
  • (1)ころっと180度変わった発言が、こうも堂々と出てくる
    はやぶさも、スーパーコンピュータの京もそう。先に民主党がムダだと削減しようとしたものです。
  • (2)この態度、姿勢の豹変にマスコミが一切触れない
    少しだけ想像。。これが民主党でなくて~、自民党だったら~・・・。。きっと、荒れますね。テレビ、新聞、その他。これほどの事業の経費を削減しようとしていた自民党=悪。みたいな。

こんなことがもう3年も続いている。。
昔、小沢さんが「民主党は政権担当能力が無い」と発言していましたが、そこだけはばっちりその通りですね。。

成人している日本人なら(特に申請などせずとも)誰でも持っている選挙権。小さな一票と感じるかもしれませんが、それでも直接この国を動かす政治家を選ぶ事のできる大切な一票です。

信頼できないマスコミの報道に一喜一憂するくらいなら、日本のことを思うブログやサイトの記事を読んだ方がいい。自然と自信を持って考えられるようになる。
そして選挙には必ず行こう!たかが一票、されど一票。自分の思いを込めて投票しよう。今の日本も、今の政治も、全ては私たちの一票一票の積み重ねの結果なのです。

Google検索:民主党 真実
Google検索:民主党 事業仕分け 真実


人気ブログランキングへ
↑日本の事をちゃんと見るために、クリックをお願いします

スポンサーサイト

表面的、感情的な報道は、スルー!

------------------------------
 【ワシントン=古森義久】中国の軍事戦略を専門に研究する米有力研究機関「国際評価戦略センター」主任研究員のリチャード・フィッシャー氏は1日(2012/10/1)までに産経新聞と会見し、尖閣諸島に対する中国の攻勢と米国への意味について、「領有権紛争での中立という公式な立場は別として、どの米国政権にとっても中国による尖閣支配は台湾喪失にも近い重大な戦略的マイナスとなる」と語った。
 ~~~
 同氏は、米国にとっての最悪の事態は「日本が反日デモなどに脅かされ、尖閣の主権で譲歩を始めて、中国の進出や侵略を許し、抵抗をしないままに、尖閣を失っていくというシナリオかもしれない」と述べた。
------------------------------
「日本が譲歩すれば、中国のさらなる侵略招く」 米軍事専門家(産経ニュース:2012/10/2))

ぜひ上記記事(リンク先の記事)を上から下まで読んでいただきたいと思います。
私がこの記事を読んで感じたこと、それは記事の中身そのものではなく、冷静に、論理的に分析したこのような記事を読む機会が少ない。という事です。
(記事はアメリカ観点ですが、日本としても、というより一国として当然且つ大切な内容が記載されています)

ちまたでは表面的、短絡的、感情的な報道しか見ないからです。
報道の多くが結論ありきで、そちらに向くような展開ばかり。

今朝のNHKニュースではオスプレイの普天間基地配置について「危険なオスプレイ」→「反対している沖縄市民団体」→「それでも無理やり配備」でした。原発はどうだろうか、「原発危ない」→「放射能の危険」→「原発反対」。
「一側面」「感情論」短絡的な報道が世間に蔓延している。

国家間の問題、国の政策など、感情論で決めるなんて危険極まりない。会社や、商店の経営でもそうですが、国の運営なんてもっともっと難しいでしょう。(国民の声を無視していいと言っているのではありません)

今テレビをはじめ、安倍新総裁への意味不明なバッシングが行われていますが、一方的な意見のみ、感情的なものでウソも平然と語られています。
一方的、感情的な発言を察知したらそれは無視しましょう。むしろ、目や耳に入ってくる情報とはの方が正しい可能性の方が高い。

なにせ、安倍さんの3500円カツカレーは、そもそも「3500円カツカレー」ではなかったですし、潰瘍性大腸炎については、カツカレーを食べている事実により、安倍さんが食事制限の必要がないことの証明になっています。
庶民感覚がない!についても、鳩山さんの1月1500万円のおこづかいや、菅前総理の料亭通いについてはろくに報道なかった事実。意図的としか言いようがありませんね。

アホな報道に惑わされないようにしなきゃ。

Google:マスコミ 真実
Google検索:安倍 叩き
Google検索:麻生 叩き


人気ブログランキングへ
↑日本の事をちゃんと見るために、クリックをお願いします

最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
要注意法案等Google検索
ブログランキング
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
プロフィール

chantomiru

Author:chantomiru

アクセスランキング
[ジャンルランキング] 政治・経済
1380位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング] 政治活動
606位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。