スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人気ブログランキングへ
↑日本の事をちゃんと見るために、クリックをお願いします

参院選、野党候補は何で当選したいのか?

いよいよ7/21(日)は、参院選の投票日。
選挙活動も大詰めですが、あらためて思う事。それは「野党の人たちは当選して仕事するのか?」です。

あの「0増5減」も最後の最後まで参議院として結論を出さず、結果的にみなし否決からの衆議院での再可決で成立しました。
そもそも、この「0増5減」については自民、民主、公明の三党が昨年(2012年)の衆院解散直前に「次期通常国会終了までに結論を得る」と合意していた。最高裁でも違憲の状態であり、早期成立必須のこの法案ですら、参議院は結論は出なかった。

そして、その他法案も会期末を過ぎ廃案。野党が自分たちで提出していた法案も廃案。最後の最後で、首相の問責可決(民主、みんな、共産、維新、など野党が合意)で沸いたようだが、それに至る過程は報道はほぼスルー。廃案の責任は首相にあるなどと。マスコミも全く同類だ。
可決も否決もしない。ただただ政局。採決を出さない議院に誰がした?

成立の見込みだった電力システム改革を進める電気事業法改正案(民主党も合意)、生活保護の不正受給対策を強化する生活保護法改正案(民主党も合意)といった重要法案も廃案。他、民主党なども合意、提出していた法案も廃案。

ただただ対与党。可決、否決もしない、意思決定がなされないというのが最も問題だと思う。
採決しないのに、また立候補して議員になりたい。選挙で叫ぶ野党立候補者→意味が分からない。

仕事でも、遊びでも、何でもそうだが、○○反対!○○はよくない!そりゃ言うのは簡単。だけど前には進まない
そんな人には任せられない。政治も一緒。というか、それ以上に責任がある立場。そこに就こうとしている人が、○○反対!って実はとっても恥ずかしい。

他の政策批判、人の批判、それを声を大にしている候補者は、結局反対しかできない人。何したいんでしょうね。選挙まであと数日、その辺意識しておきたい。
マスコミのミスリードにも気をつけたい。

そういえば国民の生活が第一ってフレーズ最近耳にしません。
あと、うちの選挙区の民主党候補のポスター、民主党のロゴちっちゃ。ちっちゃい上に、背景の草木に混ざって更に見えにく。。

リンク:首相問責、参院可決 民主、迷った末に加わり重要法案廃案、選挙戦突入へ(産経ニュース:2013/6/26)
リンク:区割り法案、24日に再可決へ 3党合意はほご(産経ニュース:2013/6/20)
スポンサーサイト


人気ブログランキングへ
↑日本の事をちゃんと見るために、クリックをお願いします

コメント

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
要注意法案等Google検索
ブログランキング
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
プロフィール

chantomiru

Author:chantomiru

アクセスランキング
[ジャンルランキング] 政治・経済
1380位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング] 政治活動
606位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。